2016年12月11日

トーマスフレンズ

Thomas01.jpg
メルカリに安く出ていたトーマスシリーズを落札させてもらいました(^^
ちなみにトーマスはこれで合計4両になりますw

中でもとくにほしかったのがジェームスです。

Thomas02.jpg
なぜならこんな感じにしたかったからです!
すぐわかる人は少ないと思いますが・・・

Thomas03.jpg
元々はこんな感じです。

Thomas04.jpg
どうなっているのかというと台車の部分がトレインモーターになっているのです。
ようはこのまま自走します。

トーマスシリーズの最大の難点はデュプロトレインとは連結器が前後逆ということです。
しかしこのジェームスなら現行のトレインモーターの上に載せ替えるだけで動くジェームスになります。

トレインモーターが赤なのでジェームスしか選択肢がありませんが、これだけでも十分に朗報なのは全世界に点在するおよそ5億6千万のデュプラーにはわかってもらえると思います。

posted by かう゛ぇ at 14:57| 京都 ☁| Comment(2) | デュプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

走れ!デュプロトレイン!

duplor10.jpg
デュプロトレインを走らせてみようと思い立ち駐車場に展開してみました。
小さなレイアウトに見えますが6畳分くらいあります。
直線レールだけで80本近く使用という、きっとブログで紹介されてる中では日本最大級だと思われます。<勝手に

duplor01.jpg
貴重なダイヤモンドクロスもあり。
しかしデュプロにはこれの他にも90度のクロスレールもあり、じつはレゴトレインよりもレールの種類が豊富です。
フレキシブルレールこそありませんが、以前は今の1/3ほどの小さい直線レールなどもありました。

duplor02.jpg
時間がなかったのでセットものばかり並べてますが、ダイヤモンドクロス自体はローカルな私鉄のほうがそれらしく見える気がするので、デュプロ叡電を走らせて撮影というのも一案のように思います。

duplor03.jpg
アメリカンディーゼル機関車も当然走ります。

duplor04.jpg
アメリカンにもうちょっと車列が長くてもいいように思いますがひとまず。

duplor06.jpg
そして結局ホッパー車を何両もつなげて発進。
やはり貨車を牽いているほうがよりそれらしく見えます。

duplor07.jpg
ふたたびダイヤモンドクロス!

duplor09.jpg
もうちょっとローアングルで。

duplor08.jpg
留置線では小型ディーゼル機関車が忙しく働いている姿を目にすることができます。

duplor11.jpg
オリジナルトレインはありませんが、こうして並べるだけでもいろんなストーリーが浮かんできます。
デュプロなんて想像力のかけらもないと思われるかもしれませんが、レゴトレインと違ってほとんど目にすることがないデュプロトレインは逆に新鮮です。

ただデュプロトレインを走らせても2分でオートオフするので、この大きさのレイアウトになると2周ほどまわると止まります。
イベント用にはデュプロトレインレールを走ることができるレゴベースのトレインを組むか、デュプロトレインモーターのタイマーを無効化するなどの魔改造が必要です。

デュプロトレイン自体はかわいいデザインのものばかりなので、キャラクター物とあわせて遊んでもまったく違和感がありません。
今回はカーズ、ボブとはたらくブーブーズなどのキャラクター物を一緒に並べてみましたが、あまりに自然に見えるので、これが子どものおもちゃだよなと妙に納得しました。
この親和性こそデュプロの魅力なのかもしれませんね。

どうでもいいことかもしれませんが、ボブはデュプロフィグの中では最強レベルに使えるフィグだと思います。
うちはボブだらけですがこれだけでほとんど用が足ります。
posted by かう゛ぇ at 20:20| 京都 ☁| Comment(2) | デュプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

デュプロ トレインレールセット 10506 2918円!


ながーくながく欠品していたレールセットが入荷してます。
在庫ありなので今のうちにどうぞ!

生きてますよ・・・忙しかっただけです(^^;

DSCF5038.jpg
その証拠にこんな感じでいろいろ買い集めてました。
わかる人にはわかると思いますが、きっとこれの意味がわかる人はほとんどいないかと・・・

一度本気でデュプロトレインを広げて走らせてみたいです。
今なら町もそこそこ大きく広げることができるはず・・・
posted by かう゛ぇ at 22:57| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする