2018年06月15日

JBF2018 JT-LUG & Fabuland

35142638_786137371572526_1282051010621079552_n.jpg
JBF2018のレポートはすでにいっぱいあがってますのであえてJT-LUGブース、しかもFabulandメインでお届けいたします。
テーブル自体はたくさんあったんですが横長のレイアウトでしたので全体を撮るのが難しくこんな感じです。
写真はCTくん

IMG_20180609_152739.jpg
今回立体的にしようということで高架になっていますが新幹線を見せるためのもので駅などはありませんでした。
高架下のビルは一生懸命組みましたが、それ以上に組む余裕がありませんでした。
5月は北九州、そして北海道と予定が詰まっていたために時間をかけられなかったという事情もあります。

IMG_20180610_121034.jpg
架線柱はキベルネさんによるもので、ディテールアップという意味で効果的でした。
ちょっとしたディテールアップで途端にリアルに見えるというのはやっぱりいいですね。

IMG_20180609_152547_1.jpg
Fabulandは一般向けの客引きであり、今回のレイアウトの主役は鉄橋でした。
dysonくんとキベルネさんの鉄橋が二つ続くという贅沢なレイアウトで、子どものみならず大人も大興奮できるアトラクションになってました。

ただパーティーションがなかったので、レゴブロックで急造したパーティーションで対応。
これがよく倒壊して、これを直すというのがスタッフのお仕事になってました。

IMG_20180610_140116.jpg
マツタケ所長のしまかぜも久しぶりに登場。

建物は街角のデリを背景として並べていましたが違和感はありませんでした。
さすがレゴ

IMG_20180610_140413.jpg
高架下のビルは前述のように僕が急造したもので手抜きですが雰囲気は出ていたと思います。
あくまで背景ですので並べているだけですがもうちょっと数があってもよかったかもしれません。

35187059_786204174899179_6206858162314674176_n.jpg
今回もリアルな鉄道車両が主役なわけですが、鉄ヲタでもない来場者には凝ったトレインというのが”すごい電車”とほぼ一言で片付けられてしまってちゃんと見てもらえてないということから、客寄せとしてFabulandの展示をしていました。

IMG_20180609_150436.jpg
Fabulandには鉄道がありませんがデュプロトレインのイメージがちょうどいいということで、Fabulandにはデュプロトレインということになっています。
というのは阪大いちょう祭で展開した時と同じです。

また今回はじめて大きなレイアウトでデュプロトレインとレゴトレインを併走させました。
一般人にとってはレールの違いも車両の違いもよくわからないだろうと思っていたら、見事にほとんどの人から違いを指摘されることもなく。
多くの人は「こんなのもあるんやね」と種類の違うものという認識くらいだったのが興味深かったです。

IMG_20180609_152048_1.jpg
主役は薬師山さんの新造トロッコ列車で非常にかわいく世界観にもマッチしていました。


デュプロトレインはレゴトレイン以上に馴染みがないかもしれませんが、かわいさという点においては現行のレゴトレインよりもずっとレゴらしくおすすめです。
しかしもう次の規格が出るのでこのキット自体は終息傾向です。

10874.jpg
新しいのもかわいいんですが、デュプロトレイン+レゴで今までのようなハイブリッドトレインを組むには不便そうです。
買いますけどね・・・

IMG_20180610_123057.jpg
横道にそれました。
Fabulandには鉄道がないということは駅もありません。
よくできていると自画自賛していますが、マッチしすぎているのか一般の方からは誰一人、それがオリジナルであることはわかってもらえず。
後ろに見える教会も、隣の郵便局も、ほぼすべての建物がオリジナルだったんですが。

IMG_20180610_121301.jpg
はたしてFabulandを出展して正解だったのかというと、昨年の展示とはまた違って良かったと思います。
実際、人目は引いたようで「わーこんなのもあるーかわいいー」って言葉は何度も耳にしましたし、ただ「すごいー」っていうよりはずっと良かったです。
なんといってもJBFですから普通の反応よりも”こんなのもある”と限定的な表現のほうが客引きとしての役目を果たせているのは間違いなく、外国人の方々にも少なからずアピールできたように思います。

IMG_20180610_160032_1.jpg
最後に汽車のえほんに出てくるネタですがいたずら貨車。
マツタケ所長の作品でS-brickが仕込まれており、貨車だけで走ります。
遊び心のあるネタというのは作っている側も見ている側も楽しくていいですね。
posted by かう゛ぇ at 15:09| 京都 ☔| Comment(4) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

レゴブロックでつくった札幌のまち

hokkaidou01.jpg
なぜ関西LT会メンバーが札幌へ・・・

hokkaidou02.jpg
さくっと到着

hokkaidou03.jpg
夜陰にまぎれゴソゴソ作業をしておりました

hokkaidou04.jpg
だいたいこんな感じで

hokkaidou05.jpg
さらにフィグを置いたり、車を走らせたり、木を植えたりしたのがこの写真

hokkaidou06.jpg
かたおかしんごさんの北海道新幹線も来てました!

hokkaidou07.jpg
ヘリポートまであります!

hokkaidou08.jpg
札幌市民には見慣れた風景がそこに

hokkaidou09.jpg
ひとまず完成!
木を大きいものから順番に植えて遠近感を出そうというアイデアはKMartworksさんによるもの。

制作途中でサイズ感を確認するため、一旦京都で集まったものの、備品まで含めすべて集まったのはこの時がはじめて。
どういうレイアウトにしようかと試行錯誤しながら結局7時間くらい(内1時間くらいは待ち時間)、文字通り朝までかかって仕上げました。

hokkaidou10.jpg
そのおかげかイベントがはじまった瞬間、この状態。

hokkaidou11.jpg
最終的にこんな感じになりました。
当初濃灰のテナントビルの位置に時計台がくるはずでしたので、この写真ではテナントビルまでしか写っていませんが、ここから撮影するとメインの建物が全部入るというイメージでした。

hokkaidou12.jpg
テレビ取材も三局ほど入ってました。
うち一局に僕自身インタビューを受けたので・・・もしかすると15日あたりに放送されるとかされないとか。

hokkaidou13.jpg
二日目には手前に”レゴブロックでつくった札幌のまち”というポップがつき、さらに”ベストショットポジション”の案内も!

hokkaidou14.jpg
我々レゴトレインの会ですから、じつはとっても凝ってもらった733系。
32ポッチ長の3両編成、それが2編成あり1編成はモーターも仕込んであるので動きます。
ちゃんと設営時にテスト走行もしているので問題ありません!!
ただ大人の事情で動いている姿を見ることができるかどうかは・・・

一ヶ月間札幌駅東コンコースに展示された後、JRタワーのほうに持って行って展示ということになるようです。
我々のお仕事としては作って納めるというところまでだったので手を離れてしまいましたが、今後長らく多くの人に喜んでもらえる作品になってくれることを祈るばかりです。

ちなみにJRタワー一式はエースくんパパ、ESTAとバス、および信号、街路樹などは薬師山さん、道庁はせたかさん、時計台とその隣のテナントビルはKMartworksさん、電車はかいくん、車およびバスはエースくんということで、僕が作った雑居ビルとあわせて総勢6名で仕上げた札幌のまちジオラマです。

なぜそれを関西LT会が・・・それはまたの機会にでも。

kani.jpg
夏は毛ガニが旬だとかいう人がいまして、お土産は毛ガニ買って帰りました。
posted by かう゛ぇ at 14:14| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする