2018年11月28日

ボーンフリー号

bone01.jpg
デュプロのモーター車を使ってボーンフリー号を作りました。

https://hobby.dengeki.com/news/647592/
またボーンフリー号についてはこのへんでご確認ください。
幼少期に見た恐竜探検隊、しかも特撮とアニメを組み合わせるというへんてこな作品でした。
話が子ども向け過ぎてつまらないのは昭和の作品なので仕方がないとして、許せないレベルの恐竜のクオリティの低さに当時子供心に辟易し、話の内容もまったく覚えておらず、うっすらと「行け!ボーンフリー」というオープニングが記憶の隅にあったという闇の深い作品です。

ただボーンフリー号は今見てもカッコイイなと思いますし、今回組んでみて”このデザインは子どもの心にくるな”と再認識しました。
先に断っておくとデュプロトレインベースの上に無理矢理再現していることからも”忠実な再現、細部へのこだわりはまったくありません”
そもそもトレインでもないので雰囲気重視です。

bone02.jpg
デュプロのTレックスを買って並べようかと思いましたが、手持ちのTレックスも出番が少ないしなと思って、新品で置いてあったのを(前のを探すのがめんどくさいという理由から)使って遊んでみました。

あくまでイメージですが、昭和な風合いとファビュランドフィグという組み合わせが本家よりも雰囲気出てるんじゃないかと思います(笑)

bone03.jpg
こだわりはないと前述しましたが、ルーフの上のアンテナや拡声器、砲台、さらにドアが開いたりとできることはできるかぎり再現しています。
文字プレートも発見したので”BORNFREE”ならぬ”BFREE”とネームも入れてみました。
”ボーンフリー”のロゴをプリントして貼り付けようかとも考えましたが、純正にこだわってジュラシックワールドのキットに入っていたシールを貼って恐竜探検隊っぽさを演出しています。
ただ前にもジュラシックワールドのシールだとクールなイメージになるので”LEGO”のプリントパーツを貼ってあえておもちゃっぽさを出しています。

ボーンフリーの目的は蘇った恐竜をそのままにしておくとまた絶滅してしまうので保護するということであり、捕獲した恐竜を引っ張るという、JOKERさんのダイノトレイン的なこともやりたいなと思いつつ、とりあえず今回はボーンフリー号だけです。
posted by かう゛ぇ at 11:38| 京都 ☀| Comment(0) | デュプロトレイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

電車・バスファン感謝祭!2018 車両たち

京都タワー.jpg
楽しかった電車・バスファン感謝祭からずいぶん日が経ちました。
今回はかいくんの写真で車両メインでお届けしていきます。
ざっくりですが。

市バス03.jpg
市バス90周年ということで市バスがずらり。
サンドグリーンのパーツというのは京都市バスのためにあるといっても過言ではないくらい似合ってます。

2018102801.jpg
街中に置くとこんな感じで、ほぼ京都駅前を再現できていると思います(笑)

ちなみにセブンイレブンの隣にある建物は気分屋さんからゆずってもらったものです。
ちゃんと京都の街並みにマッチしています。
レンガ調の素敵な建物ということでそのうち1階を牛丼屋にしたいと思います(笑)

2018102802.jpg
薬師山さん作ドクターイエローと市バスと小さいポンチョをあおるハチロクが見えます。

2018102803.jpg
エースくんのD51-200+C57-1+35系4000番台 SLやまぐち号

2018102804.jpg
重連に客車もいっぱいというのはある意味、梅小路らしくていい感じでした。

2018102805.jpg
長さがよくわかるアングル

2018102806.jpg
「エースくんの103系LA4編成、ついに8連化!」
というのはかいくんのコメントそのまま。

2018102807.jpg
別アングル

2018102808.jpg
薬師山さんのドクターイエローとエースくんの転車台

2018102809.jpg
103系とすれ違うドクターイエロー

2018102810.jpg
エースくんの転車台。
今回の目玉の一つといってよかったと思います。
梅小路らしいカットですね。

2018102811.jpg
75955の動力化と客車の増設
安定して動いていたのでホッとしました。

2018102812.jpg
なんか動いてない車輪がありますけど、気にしない・・・w

2018102813.jpg
今年はえいでんまつりが中止でしたがえいでんブースが近所にあったので挨拶には行きました。
薬師山さん作のひえい。

2018102814.jpg
やまこくんのHOT7000系スーパーはくと
デザイン重視でフィグは乗りにくそうですが低重心でこれも安定して走ってました。

2018102815.jpg
ホレスくんのTimesと向こうに見える京町家の様子が京都らしく写っていました。

2018102816.jpg
先の写真にも写ってましたがエースくん作のスチーム号。
デッキ部分が雰囲気出ていていい感じです。
小径車輪で背が低くなっているのが特徴的です。

2018102817.jpg
「僕のDE10+エースくんのDE10+35系4000番台
 試運転編成の救援ってシチュです笑」
というのはかいくん談。

2018102818.jpg
別アングル。
先頭を走るかいくんのDE10の低さがいいですね。

2018102819.jpg
重連+客車というのはぐっとくるものがあります。
魅せる力みたいなものを感じます。

2018102820.jpg
イベント後の反省会にてかいくんとホレスくんの競演。
ドアミラーがちゃんとついてあるあたりがグー。

市バス02.jpg
最後にもう一度市バスまつり。
大きい前の三台はマツタケ所長作、まんなかの小さいポンチョはかいくん作、レトロなバスは薬師山さん作。


自作のレッドカーゴトレイン改のHD300も持って行ってたのに出すの忘れたのは前にも書いた通りです。
また機会はあると思いますのでそのうち出したいと思います。

これといったしばりがあったわけではありませんが、うまいこと車両が出てるなという印象です。
ある意味、無難に、しかしそれによってバランスよく走らせることができたのではないかと思います。

次はきっと関西LT会キッズメンバーであるまさきくんが何か作って持ってきてくれるだろうと期待してます(笑)
posted by かう゛ぇ at 14:01| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

阪大まちかね祭2018

2018hm01.jpg
阪大まちかね祭2018のレゴ部展示を見に行ってきました!
写真はお目当ての合作遊園地のローラーコースター!

先に断っておきますと合作以外の写真はほとんどありません。
サコサコマンとか撮りたかったんですが人がいる間は大人気で撮影できず、休憩中は中の人に戻ってましたのでw

2018hm02.jpg
今回の合作、サコサコマン爆誕記念ということで(そういえばサコサコマンフィグいたのかな・・・)企画自体がサコサコマンという特別企画でした。
結論から言うととてもよかったです。
僕も場所が空いてるならなんか作ろうかなぁって話はしていたんですが、作らなくてよかったです(笑)

2018hm03.jpg
ローラーコースターが大きく目立ちますが他も負けないくらい作り込んでました。
またローラーコースターもただ組んだだけではなく、阪大レゴ部部員が研究、整備を行っているので期間中ちゃんと動いてましたが、普通はここまですんなり動かない製品だということをまずお伝えしておきます。

他にもぐりぐり動く作品がいっぱいあって、いちょう祭の時の合作よりもパワーアップしてて来場者の食いつきがまったく違ってました。

2018hm04.jpg
シンプルな作品でも”動く”という要素はただ展示してあるよりもインパクトがあるなと感じました。

2018hm05.jpg
動いていない作品もちゃんとテーマに沿って(今回の場合遊園地)作られていて、全体にちゃんとまとまっているのは素晴らしい合作といってよかったと思います。

2018hm06.jpg
観覧車など背の高いアトラクションが目を引くというのは遊園地ならではですし、それも製品をうまくアレンジして使っているのも工夫の一つだなと思いました。

2018hm07.jpg
しおぽんさんのゴーカートはぺいさんの回転寿司機構を使って運用されており、アイデアをうまく共有しているというのはレゴらしいと言っていいと思います。
こういった情報共有があればこそどんどん広がっていくのがこれからのレゴ活動なのかなと。

2018hm08.jpg
入り口付近の建物も簡易な作りながらもよくできていましたし、静と動をうまく組み合わせることによって、おおっと思わせる(全部動いてるとまとまらないので)いい合作だったなと思います。

2018hm09.jpg
このへんも動いている動画を公開できるとよかったんですが、目を引くし、ほんとによくできてました。

2018hm10.jpg
いつものナンパおじさんもどんどん調子に乗ってきていて、笑みを絶やさず。
体調不良もあったようですがそれをまったく見せない活躍ぶりに拍手を送りたいと思います。
来場の際には「いつも見てます」と声をかけてあげてください。

2018hm11.jpg
今回僕自身は出展していませんでしたが(先週の京都市交通局のイベントとかいろいろあって余裕がなく)ちゃっかりホグワーツエクスプレスを持って行って、しばらくの間ではありますが走らせてもらいました。
たださんざんテストで走らせたのでうまくいくはずが、はじめまったくうまく走らず。
先輪がカーブを終えたところで跳ねて脱線を繰り返し、安定走行までかなりの時間を要しました。
トレインコーナーを預かっていたやまこくん、みんくんにはお世話になりました。

ファビュランドと違ってさすがハリー・ポッター、ここでも結構かぶりつきで見てもらって、みんな一様に

 「あ、これ、ハリー・ポッターの列車やん」

と言っていたのは印象的でした。
先週に続いて版権物の力を思い知ったというほうがより正確かもしれません(笑)

2018hm12.jpg
帰りはいつも通りEXPOCITYのレゴストアに寄ってお買い物。
京都タワービルをもう1フロア増床するためのパーツをPABりました。

レゴストアの店員さんには毎度ベースプレートを勧めてもらうんですが、正直1x1ブロックをほぼ目一杯詰めて帰るような人にはまったく必要ないと思いますし、できればコアな人向けに測り売りとか検討していただけると詰め方考えなくてすむぶん助かるんでよろしくお願いいたします。

さて
posted by かう゛ぇ at 14:07| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする