2018年12月09日

第21回 PTAフェスティバル

PTAがやってるお祭りなんて手作り市の親戚のようなものというイメージですが、京都市PTAのPTAフェスティバルはそのイメージを覆すに十分なインパクトがあると思います。
なんと言っても場所も平安神宮や京都市動物園のある岡崎公園にあるみやこめっせという大会場(レゴ関係で言うとブリックライブin京都を開催していた同会場)。
決してアクセスがいいとは言えませんが体育館でやってるPTAイベントはまったく違っています。

そこに今回できたばかりのLTF(LEGO Technic Force)と関東からLEGO平民さん率いるクリエイターキャラバンが参戦。
これは見に行かないわけにはいきません。

miyako00.jpg
だだっ広い会場ですが満員です。
ただ出だしは僕が知ってるPTAフェスティバルよりも半分くらい、写真の時点で2/3くらいの入りのイメージです。
きっと京都だけに他のイベントと重なって人が少ないんだと思いますが、元が多すぎるだけで人が少ないという感じではありません。

miyako01.jpg
まずはLTFの展示からさくっと紹介します。
と言っても写真がこれきりというw

手前からカツマタくんのGBC、いちぽっちくんの多脚メカ、虎吉くんのラジコン(失礼、いちぽっちくんのモデルらしく)、lego_genicちゃんのバレリーナ、KENくんの紙飛行機製造器&ピンボールという並びになっています。
さすがにGBCは触れませんが、多脚メカ、バレリーナ、紙飛行機製造器&ピンボールは触れて楽しむことができました。
いちぽっちくんのラジコンとは別にもう一台、虎吉くんのラジコンがありましたが動かすにも写真の通り大入り満員で走らせるスペースを確保できず、イベント終了後に走らせるのが精一杯でした。

miyako02.jpg
カツマタくんのGBCはものすごい人だかりで、ずっと来場者がかぶりついている状態。
これが京都初公開ということでより注目度が高く、場内アナウンスでも”レゴブロックによるピタゴラ装置”と紹介されてました。
またカツマタくん自身がインタビューされるというハプニングも!(笑)

中央があいてるということで、アイキャッチ代わりに京都タワーとマツタケ所長の市バスを展示してましたが、こちらの反応もよかったです。

miyako03.jpg
ブースのまわりは常に黒山のひとだかり。
よって写真も撮れてなかったわけですが撮影されてる親御さんはいっぱいいたのでもしどなたかいい写真あるよということであれば、ぜひ送ってください。

miyako04.jpg
クリエイターキャラバンのきよすけくんのケーキ工場も京都初。
こちらも注目度抜群ですが、今回はトレイン探検の建物の一つとしても活用。
子どもたちの目を釘つけにしていました。

miyako05.jpg
トレイン探検は貨車に取り付けられたスマホからまわりを撮影できるという趣向になっており、これも子どもたちに大人気でした。
ただPF2.0なので電池がもたない印象でした。

miyako06.jpg
今回ほぼ全部が動いている展示でしたので注目度抜群でした。
教育委員会の方々、また京都市PTAの面々からも「来年もぜひ」という声が聞かれましたので、きっと来年もということになると思います(笑)

また多くの近隣のみならず遠方からお越しいただいたビルダーさん、またキッズビルダーママンの面々にはお土産までいただいたりして、ほんと恐縮でした。

しかしPTAフェスティバルを通して、レゴの楽しさだけでなく、逆にスネちゃまのママがやたら騒いでいるような、やたら有害図書指定しそうなPTAのイメージを払拭できたのではないかと思います。
実際PTAフェスティバルはあまりお金を使わないで遊べるとてもいいイベントですので、子持ちの方はもちろん、大人の方でもぜひ一度足を運んでいただけたら幸いです。

はたして僕の立ち位置はどこなのかというと来年の梅小路展示会に向けてのチラシ配り、さらに京都市教育委員会から後援もしていただいているということで、京都市教育委員会の健全性のアピールを行うことによってまた梅小路展示会を成功に導きたいというところだとご理解いただけばだいたいあってると思います。
posted by かう゛ぇ at 13:48| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする