2012年07月30日

お堂再建

o01.jpg

バラバラだったお堂を再建。
前よりかなりまともになった。

o02.jpg

神社なのかお寺なのか、そのへんは想像にまかせるとして宗教的な部分はどちらとも取れるような抽象的なのでいいかなとか。

o03.jpg

裏まで一応作ってある。
中のご本尊は以前と変わらず宇宙をイメージした・・・

塀をぐるりと囲ったほうがいいけど、そうするとパーツが足りず。
塀とか柵とかはあるようなないような表現でリアルである必要はないような気がしてるので僕としてはこれでよし。
あとは現場の判断ということで。


06.jpg

御室駅は実在の駅なのでgoogole先生でみつけた写真を見ながら、適当にはしょりながら作った。
おかげでそこそこリアルにできたと思う。

05.jpg

正面から見ると改札が実際より広くなってたりして(実際には前の柱の位置と同じ間口)リアルじゃないと言われそうだけど、これはよりそれっぽく見せるための演出である。
ほんとは柱の位置を間口いっぱいまで広げるほうがいいんだけど、そうなると今度は屋根を1プレート増やす必要があり、バランスが悪い。
間口を狭くすると普通の家と同じ幅になってしまうので、駅らしく広く、でも柱の位置はバランスを考えて、ということでこの位置になっている。

04.jpg

写真撮りするぶんには違和感はないので写真撮り用の書き割りなのは相変わらず。

所詮、僕が適当に組んだレゴなのでリアリティを追求したものではない。
はたしてこれで納得してもらえるかどうかはわからないけど(^^;;
posted by かう゛ぇ at 07:00| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: