2016年05月11日

和装

wasou01.jpg
LEGOは海外のものなので当然のように和装のフィグは存在しません。
いや、厳密にはそれらしいものは存在しますが決してデキがよくありません。
ということで組んでみました。

wasou02.jpg
袖が長いので振り袖の女性です。
未婚ということですね。

wasou03.jpg
こちらは妙齢の女性が大島か紬を着ているイメージです。
一見真逆のイメージですがLEGOで組むということが記号でしかないのでどちらにも取れるというあたりがポイントなんじゃないかなと。

wasou07.jpg
後ろもちゃんと太鼓がきれいに結べてます。

wasou04.jpg
ちょっとごつい男性物の着物を着ているイメージ。
すとんっとストレートに落ちてしまっているので面白くはないですがタイルパーツで表現した腕が動くのが特徴です。

wasou06.jpg
やはり女性のフィグがメインです。
顔なしにしているのは主張しすぎない日本人だからですが、ニッコリでもいいように思います。

以前から着物姿のフィグというのは頭にあって、いつか組もうと思いつつ、ふとLDDの使い方を練習するのにシンプルなのを作ってみようと思い立ったのが昨日。
LDDのイメージよりは若干低く小さくなったものの、そこそこいい感じにできたのではないかと。

オフィシャルから着物姿のフィグが出てきてくれるのが理想的ではありますが、フィグ一体から組めるというのもまたLEGOの良さであり。

そのうちどこかのイベントで実物を見ていただく機会もあるのではないかと思います。


posted by かう゛ぇ at 22:20| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ フィグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。