2017年02月07日

デュプロの遊び方

デュプロ2.jpg
レゴブロック展示会 in 梅小路ではプレイコーナーとしてデュプロトレインのコーナーがありました。
おかげさまで大盛況でとてもよかったと思います。

ただプレイコーナーのおもちゃを子どもが雑に扱うのは仕方がないにしても、親御さんがそれを当たり前だと思っている方も少なくなくちょっと残念でした。

デパートのプレイコーナーと同じように思われても仕方がないんですが、今回に限っていえばほぼ”私物”です。
デパートのプレイコーナーにしてもやはり雑に扱っていい理由はどこにもありませんが、家のおもちゃとは明らかに違った消耗品扱いです。

duplotrain01.jpg
最後バラバラになってしまったデュプロトレインをようやく再現しました。
一部パーツが足りませんでしたがこれに関しては想定内です。

duplotrain02.jpg
とくに人気だったジェームズとパーシーはかなりダメージが大きく、今後は出せないかもしれません。

duplotrain04.jpg
デュプロはコレクターズアイテムと違い、長年、子どもの手で遊びつづけた結果ダメージがあるものが多いですが、今回出したトーマスシリーズはそこそこ良品のものばかりでした。
ただこれを出し惜しみするのではなく、思いっきり遊ばせてあげたいという思いでプレイコーナーに出しましたが、ガンガン落としまくった結果、ハゲてます(^^;

duplotrain03.jpg
一番人気のジェームズに至っては横のラインがほぼ消えてました。

会場の床が硬いのはわかっていたのでプレイマットを敷くなど対策を取れば良かったんですが、当日大雪だったため、家にプレイマットを取りに戻れず。
また簡単な注意書きを掲示するなどすればよかったんですが、これも僕自身がいっぱいいっぱいで行き届かず。
ちゃんと見とくにも人が足りずということで、性善説に基づいて来場者まかせだったというのもまた問題だったと。

何が言いたいのとかというと”思いっきり遊ぶ”というのは”雑に扱っていい”というのとは違うということです。
どんなおもちゃも雑に扱っていいものはなく、物を大切にすることを教えるための道具だと思います。
これを親がわかっていないと子どもは折れた木の枝と同じようにおもちゃを扱います。

例えば赤ちゃんの人形を与えてむちゃくちゃするのを黙ってみているのではなく、扱い方を教えることで実際の赤ちゃんに対する接し方を学ぶというのがおもちゃなんだと思います。

親も子どもももう少し大切にしてくれたらありがたいなと思いました。
僕は遊ばせないのではなく、思いっきり遊んでほしいからこそ今回デュプロトレインを出しました。
きっと他では見ないような大量のデュプロトレインに喜んでくれるだろうと思って持って行きました。

今回はじめてだったので準備不足は仕方がないとして、次はもうちょっとプレイコーナーもしっかり準備していきたいと思いました。
反省。
posted by かう゛ぇ at 19:53| 京都 ☔| Comment(2) | レゴ 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親御さんの良識が無いのが一番問題ですが、次回も持って行くならやはりもうビニールプールでw レールはプール内の床で広げてもらいましょう!
Posted by まちゃ at 2017年02月09日 08:24
>まちゃさん
プールだとほんとに小さい子しか遊べないのでそのへんもまた問題で。
親御さんも遊ばせてもらってるって意識の方がほとんどなんですが、やはり注意喚起できるようにしないとなと。
監視を配置してまで注意するようなことではないですし、親に見ててもらえるからほうっておけるプレイコーナーとして成り立つわけで。
概ね良かったとは思うんですが・・・
Posted by かう゛ぇ at 2017年02月09日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: