2018年10月17日

ホグワーツエクスプレス 75955

7595501.jpg
トイザらス限定の ホグワーツエクスプレス 75955 をブリックトーバーにあわせて買いました!
よっぽどニンジャゴーのフィグがもらえたはじめのうちに買おうか悩みつつ、ハリー・ポッターのフィグがつく10月に入ってからというのが功を奏して10月1日から限定で値下がりしたというのはありがたかったです。

で、いつもなら買って積んでおいていつか作ろうってなもんですが、10月28日(日)の京都市交通局のイベントが梅小路であるもので、

 市バス90周年記念「電車・バスファン感謝祭」

 ⑴ 日程  10月28日(日曜日)午前11時〜午後3時
 ⑵ 場所  梅小路公園七条入口周辺,緑の館イベント室
 ⑶ 内容  ・市バス車両の展示
        ・お絵かきバスイベント
        ・交通事業者によるPRブース(民間の鉄道・バス会社10社局程度)
        ・トレインシミュレータ
        ・交通局によるグッズ,市バス・地下鉄に使われていた部品等の販売         
        ・飲食販売他



場所柄蒸気機関車あればいいなぁということで組んでみました。

ただ写真を撮っている時点で元の形とは多少違ってきていますのでそのへんもまじえ、紹介していこうと思います。

7595502.jpg
まず機関車ですがモーターはついていないものの、動輪が大型化、今まではスロープパーツで茶を濁していたボイラー部分が凝った作りになり、見た目が従来型とはまったく違った高精細なモデルに。
また製品標準はタン色のペグに動輪がささっている状態ですが、一体感を出すためにすべて黒軸に変更しています。

一見高精細なモデルに仕上がっていますが運転台の下部に穴があいていたり、前を見る窓がなかったりと凝ってるような凝っていないような中途半端感は否めず。
イマイチなところは他にもあり、炭水車が2軸、客車も従来品が4軸だったのがなぜか2軸、連結器はリフトアームとペグを使った汎用性のない仕様に(確かゴーストトレインがこれでしたのでもしかすると同じデザイナーさん?)。

7595503.jpg
2軸だった炭水車はさくっと3軸化。
3軸化にあたって元の8ポッチ長→10ポッチ長にするのが一番簡単なのにシールを貼った部分が6ポッチ幅でこれを伸ばせないので、仕方なく %15573 1x2プレート(中央1ポッチ)を使って半ポッチずらしてごまかすという手法を使っています。

7595505.jpg
炭水車は動力化に際しバッテリーを内蔵するため、上からポッチではめてはいますが下ははまってないので上からかぶせただけの状態です。

7595504.jpg
客車も従来品が4軸(2軸ボギー台車x2)だったのに対してさくっとコストカットの2軸化ってそこを削ったらダメだろうという仕様に驚きつつ、4軸化(2軸ボギー台車化)と窓をトレイン窓に変更。

7595506.jpg
動力化に際し、きれいに処理できたと思っていた運転台の隙間がまだあるのをみてがっかり。
モーターをはさみこむ形でプレートパーツ、タイルパーツを貼っているため、これ以上埋めることができませんでした。

7595507.jpg
客車、炭水車の連結器はトレインの連結器に変更。

7595508.jpg
ただし蒸気機関車と炭水車の間に関してはそのままに。
これは炭水車と蒸気機関車セットで動くため、汎用的な連結器ではなく専用の連結器が使われているというようなことがwikiなどにも書かれてたのでこれでいいだろうと。
トレイン標準の連結器でつないだ場合、隙間があきすぎるのでこれに関しては許容の範囲内と考えています。

7595509.jpg
客車は前述のように4軸化のうえ、トレイン窓に変更して台車がまわるようにターンテーブルパーツでくっつけています。
さすがに車軸を4軸化しただけではカーブをまがれませんが、ディスプレイモデルであればターンテーブルパーツまでは必要ないかもしれません。

すでに動力化してしまっているので製品とは違っていますが、簡易版とはいえ動輪にロッドがついている蒸気機関車セットはエメラルドナイト以来、しかも炭水車、客車という構成まで一緒で駅までついててこのお値段。
エメラルドナイトがプレミア化している現在、ホグワーツエクスプレス以外に選択肢はなく、また動力化もできなくはないということでいいキットだと思います。

ただし動力化に際してはMモーター、赤外線受信機、バッテリーボックス、さらにギアや軸などPF2.0への切り替え時期でもあって手に入るような入らないようなパーツを揃える必要があり、誰でもお手軽動力化というわけにはいきません。

僕自身、ロッドのついた蒸気機関車、しかもMモーターを使っての動力化ははじめてでしたが微調整が必要だったり、思った以上に苦戦しました。
しかし動いた時には感動しましたし、蒸気機関車作るビルダーが多いのも納得です(笑)
posted by かう゛ぇ at 14:06| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: