2019年12月29日

Fabuland Town Diorama

IMG_20191229_111655.jpg
Fabuland Apartment Houseをさらに2棟増やし、時計台も作って(時計台部分はこの写真には写っていません)Fabuland Town Dioramaにしてみました。
Fabuland屋根だったのを通常のスロープ屋根に変更、なるべく雰囲気を崩さないように組んだつもりです。

緑の8x16のプレートパーツをフロアベースにしているのはこれが一番安価で、しかも手に入りやすいということからですが灰色などで仕上げればFabuland仕様でないレゴタウン風に仕上がると思います。

構造自体は簡単なのでそのうち作り方をまた記事にする予定です。

IMG_20191228_222349.jpg
ジオラマ全景です。
Fabulandのパーツは使っていませんが(フィグやクルマはのぞく)それらしくできたと思います。
前の記事でも書きましたがフロア自体は中が外から見える”遊ぶ仕様”になっているので、ぼちぼち作っていく予定です。
中に関しては板張りっぽく見せるのに2x6の茶色のプレートパーツ山ほどPABで仕入れておけばよかったと今更・・・

基本になる建物は8x16の敷地に作っていますので、32x32のモジュールレベルにしようとすると8棟必要になります。
現状時計台含め5棟しかありません。
最低あと3棟作ってようやくモジュールレベルってモジュールシリーズがいかに凝った作品なのか身をもって知ることに。

繰り返しになりますが、なんかかわいいとか、雰囲気あるねみたいに感じてもらえたら成功だと思ってます。
僕自身が作りたいのは”街”という作品です。
凝ってできあがらないより、個々はシンプルでも一つの作品として”街”が完成することを目指して作っています。

たったこれだけのジオラマでも雰囲気が伝われば成功というのはまさにそれが目指しているところだからです。
posted by かう゛ぇ at 14:35| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: