2020年04月03日

京都美風「琵琶湖疏水〜京都の近代化産業遺産 完成130年〜」

なんでもかんでも自粛ということになってしまって昨今ほんとにつまらなくなってますが、そんな時に唯一生き残ったイベントが今回の京都美風「琵琶湖疏水〜京都の近代化産業遺産 完成130年〜」でした。
レゴのイベントではないので行ってがっかりした・・・と言われても困りますし、それこそ感染したとかになるとさらに困りますので、ちゃんと十分な対策と自己責任と自分で交通日払って見に行ってください。
ただし入場料も拝観料も税金もいりませんのでゆっくり見ていただいて。

kyotososui01.jpg
場所は京都駅の2階になります。
駅中央より若干右寄りの大階段をあがったところ、伊勢丹入口前にパネル展示メインで会場が作られています。

kyotososui02.jpg
入り口はこんな感じでインフォメーション前から入るようになっていますが、改札側もオープンになっていますので普通に往来される方が当たり前に見られる場所です。

kyotososui03.jpg
レゴで作ったジオラマはインフォメーション側から入るとついたてのすぐ裏側になり、逆に見えないんですが電車から降りて(新幹線も含め)7条のほうに抜ける人にはパッと目につくようになっています。

kyotososui05.jpg
メインは右上にあるポンプ室と奥に見える水路閣です。
前に広がる京都岡崎はだいたいの位置関係と京都らしいジオラマにするためにあるあくまでおまけです。

kyotososui06.jpg
インクラインもあり、その前を通る道まで再現しています。
じつは噴水もつける予定でしたがタイトなスケジュールに忙殺される形ですっかり抜けてしまってました。

kyotososui07.jpg
個人的に結構力を入れた動物園ですがメインが後ろなのでまったく目立ちませんw

kyotososui08.jpg
薬師山さん作のインクラインに𝐊𝐌𝐚𝐫𝐭𝐰𝐨𝐫𝐤𝐬さん作の文字通りねじりまんぼをねじこんでます。
なんか青い車が無理な追い越ししようとしてますが、どうもあとでショーケースをつけてはずしてした時にずれたままになってるようです。

kyotososui09.jpg
青空の背景もつけてもらったのでこうやって見るとちゃんとしたジオラマに見えるのがポイントです。
後ろの台座になっている山と岡崎の木はエースくんパパさん作です。
部分的にでも作り込んであると突然ジオラマのレベルがぐぐっとあがる好例ですね。

kyotososui10.jpg
メインの𝐊𝐌𝐚𝐫𝐭𝐰𝐨𝐫𝐤𝐬さん作のポンプ室です。
先方の指示ではこれを横向け(それもショーケースの側面に後ろがくるように)という指示でしたが、作品の良さが伝わらないのでこの配置にしました。
右端にレイアウトされているので目立たないかなと思いましたが、インクラインからの視線の動きにあわせて見えるので自然な感じで、実際とは違いますがよく見えます。

kyotososui12.jpg
いい写真がなくて恐縮ですが今回も関西LT会らしく電車が走っています。
薬師山さん作の京都市電です、しかも2両。
なのに京都駅ではパネル展示メインということでちゃんとモーターが仕込んであって動かせるのに動きません。
動いてたら間違いなく大人気なんですが・・・

kyotososui11.jpg
ポンプ室、水路閣、インクラインに京都岡崎と実際の地図とは位置関係が違いますが、今回ものすごい勢いで企画から制作までやったわりにはよくまとまったと思います。
直前にレイアウト変更を提案があってそれに従って変更までして、とにかく間に合わせるのにあっぷあっぷでした(語彙力)。

札幌のJRタワーもかなりタイトだなと思いましたが今回さらに時間がなく、しかもコロナウィルス騒動の渦中でパーツがちゃんと届くのかどうかがほぼ賭けみたいな状態で作り上げました。
ぜひ多くの方に見て頂きたい・・・のにまだまだ騒動がつづいていて落ち着きませんが、もし京都駅にお立ち寄りの際にはぜひ!

kyotososui20.jpg
ところでパネル展示の裏にはレゴ京都駅の案内板がありました。
こちらも何年か前に地下1階から7階への移設を関西LT会で手伝わせてもらったのでいろいろ感慨深く、ぜひご覧になってください。

ohagi01.jpg
レゴ作品を見たあとは烏丸通を北に七条通まで行って左に折れると松屋というお菓子屋さんがあります。
こちら元々干菓子の店だと思うんですがなぜかおはぎが評判で、のれんも屋号ではなく”おはぎ”になっているという手の入り用。

ohagi02.jpg
こぶし大のおはぎが2個で660円とそこそこリーズナブルなのでこれまたおすすめです。
冬なら常温でオッケーですが他の季節は冷蔵庫で冷やして食べるとおいしいです。
posted by かう゛ぇ at 15:15| 京都 | Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: