2019年12月29日

Fabuland Town Diorama

IMG_20191229_111655.jpg
Fabuland Apartment Houseをさらに2棟増やし、時計台も作って(時計台部分はこの写真には写っていません)Fabuland Town Dioramaにしてみました。
Fabuland屋根だったのを通常のスロープ屋根に変更、なるべく雰囲気を崩さないように組んだつもりです。

緑の8x16のプレートパーツをフロアベースにしているのはこれが一番安価で、しかも手に入りやすいということからですが灰色などで仕上げればFabuland仕様でないレゴタウン風に仕上がると思います。

構造自体は簡単なのでそのうち作り方をまた記事にする予定です。

IMG_20191228_222349.jpg
ジオラマ全景です。
Fabulandのパーツは使っていませんが(フィグやクルマはのぞく)それらしくできたと思います。
前の記事でも書きましたがフロア自体は中が外から見える”遊ぶ仕様”になっているので、ぼちぼち作っていく予定です。
中に関しては板張りっぽく見せるのに2x6の茶色のプレートパーツ山ほどPABで仕入れておけばよかったと今更・・・

基本になる建物は8x16の敷地に作っていますので、32x32のモジュールレベルにしようとすると8棟必要になります。
現状時計台含め5棟しかありません。
最低あと3棟作ってようやくモジュールレベルってモジュールシリーズがいかに凝った作品なのか身をもって知ることに。

繰り返しになりますが、なんかかわいいとか、雰囲気あるねみたいに感じてもらえたら成功だと思ってます。
僕自身が作りたいのは”街”という作品です。
凝ってできあがらないより、個々はシンプルでも一つの作品として”街”が完成することを目指して作っています。

たったこれだけのジオラマでも雰囲気が伝われば成功というのはまさにそれが目指しているところだからです。
posted by かう゛ぇ at 14:35| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

Fabuland Apartment House

Apartment02.jpg
Fabuland Apartment Houseを作ってみました。
とりあえず2棟分。

Apartment01.jpg
基本ざっくり組みなので凝ったところはほぼありません。
あえて言えばレゴストアのPABで手に入るパーツを多く使っているというのがポイントです。

ただそれでも白の逆スロープの在庫がなくなったり(どこかに山ほど埋もれてる可能性大、12/24現在PABでも入手可能)、3x4の普通の窓パーツが見当たらなかったりして3x2の窓パーツを二つ並べたりして単価が高くなっている部分もありますが、簡単に作れるということが今回の目的なのでよしとして。

Apartment03.jpg
また旧レゴランド仕様ということで半身しかありませんが、これだと中を作り込む、また中に直接アクセスできるので遊べるようになっています。

t04.jpg
背景用として組んだ以前のパネルビルよりも遊べる仕様になっています。

Apartment04.jpg
屋根もスロープパーツをふんだんに使ってということも考えましたが、Fabulandの屋根パーツがあったのでつけてみたところ、これだけでずっとFabuland感がアップしました。
今のところ3階建てですが、見ての通り簡単な作りなので容易に階層を増やすことができます。

Apartment05.jpg
Fabuland用として組んでますが当然普通のミニフィグでも違和感なく使えます。
PABで手に入れたパーツで何を組むのか?また最近クリエイターシリーズが当たり前になってきて、半身で遊べる仕様のレゴって少ないということからあえて半身で、しかもサクッと作れる範囲のものを組んでみました。

ガチ勢からすると物足りないと思いますが、ベースになるものがあればそこからいくらでも凝ることはできます。
普通、家にクリエイターの建物がいっぱい並んでるとかただの変態ですからw

まあこんなのもありということで(笑)
posted by かう゛ぇ at 15:35| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

背景としての建物考 その2

t201.jpg
前回こんなようなパネルビルがいいよということでパネルビルの作り方講座でしたが今回はちょっと応用編です。
このパネルビルのいいところは四角四面で組みやすいだけでなく汎用性があるということです。

t202.jpg
最近あまり使われないのでどこでも安く入る45度スロープをいっぱい並べて屋根にします。

t203.jpg
パネルビルの屋根は必要ありません。

t204.jpg
ここに先ほど用意した屋根をぽんっと乗っけます。

t205.jpg
あら不思議、屋根を乗っけるだけでビルが欧州風の建物になります。

t206.jpg
さらにこれを並べるとそれだけで街並みが再現できます。

t207.jpg
壁の色を変更したり、窓割りを変更したものを並べていくだけでよりリアルな街並みになります。

こんな作り込みじゃ作品としてぜんぜんダメという方も多いと思いますが、背景としての建物を一から組むというのは大変な苦労が伴ううえにコスト高、さらに一軒一軒凝るのは個人レベルではよっぽど暇とお金をもてあましている人間にしか叶わずということで、あくまで簡易な、しかしそれらしくボリュームアップするためのパネルビルシステムです。

前回も書きましたが基本、表の一面以外はパネルパーツで構成されていますので前面だけ凝れば見栄えを良くできます。
構成自体もほぼ窓割りと壁面の飾りを考えるだけでよく、効率的に街を拡張していくことが可能です。

しかも平たい陸屋根とスロープ屋根を用意しておけば、簡単に街のイメージを変えることができ、ジオラマごとに作り直す必要がありません。

背景用としては十分な汎用性、また拡張性に優れていると思います。

ということで建物を作る人はPABでパネルパーツ見つけたら買い占めないといけません。
レンガパーツも装飾用に有効ですのでこれも買っておいて損はありません。

ちなみにパネルパーツは量り売りのディスカバリーセンターがおすすめです。
posted by かう゛ぇ at 15:04| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

背景としての建物考 その1

最近はモジュール系が当たり前で従来のシンプルな建物というのはほとんど目にすることがありません。
それはそれでそういう流れですからまったく問題ないんですが、イベント時などで設営する際、クラッシュしてたり、また一部崩れていたりして補修に時間がかかるという大きな問題があります。

さらに32x32ポッチという大きさはミニマムなサイズとしては非常に扱いづらく、ことトレインレールを敷設した際にはカーブの内側、外側をうまく埋められないという問題が発生します。

それもあって敷地面積としては16x16ポッチのハーフモジュールと言われる規格のほうがより使いやすいと思われ、さらにPABなどで時折出てくる1x6x5のパネルパーツを使用した14x14ポッチ(パネルパーツx2+左右に柱を立てる構造)の規格の建物が最適解だと気がつきました。

t01.jpg
イメージとしてはこんな感じの建物です。

t02.jpg
一階はミニフィグ規格の6高ですが二階より上はギリギリ5高なのでクラシックミニフィグ規格です。
ただしいずれも天井、床ともにない吹き抜け仕様になのであくまで背景用の建物になります。

この規格に関しては壁面にパネルパーツを使用することで、なるべく簡単にかつ見栄えのする背景用建物を作ることを目的としていますが、1階部分だけを店舗仕様にすることで、商店街または街中の雰囲気を作り出すことができます。

t03.jpg
裏面および左右はパネルパーツで構成し、前面の色を変更するだけでも雑居ビルが立ち並んでいるように見せることができます。

t04.jpg
階層ごとに積み重ねているだけですので階層を増やすことで高層ビル化することもできます。

t05.jpg
ドアの色を変えるだけでもイメージが変わり、また上層階についても例では1x2x3の縦長の窓パーツを使用していますが、1x4x3の窓パーツ(もしくはガラスパネルパーツ)を三つ並べることもできますので、より近代的なビルとして見せることも可能です。

35142638_786137371572526_1282051010621079552_n.jpg
使い方としてはジオラマの中に雑居ビルとして配置し、まわりに電柱など小物を配置すれば建物自体のシンプルさは少なくとも背景としてはまったく問題になりません。
三面をパネルで構成し、前面だけを凝って作るということであれば建物に対しての負担が大幅に軽減され、またそのぶん全体のディテールアップに注力できるというメリットがあります。
コーナーにくる建物については通りに面する二面を前面としてもいいと思いますし、そのあたりは実際の街中も規則性があるわけではないので(美観保全地区など除く)それほど違和感は感じないと思います。

モジュール系の建物とはまた趣向が異なりますが、ことレゴトレイン展示の場合には建物の豪華さよりもレゴトレインを細かいところまで見てほしいということもあり、こうしたシンプルな建物は大きな意味を持ちます。

コスト面でもモジュール系の建物を自作する場合、最低でも数万円規模のお金がかかりますが比較的手に入りやすいパネルパーツを使った建物は、モジュール系の建物からするとローコストで見栄えのする街並みを作り上げることができますので有効性が高いと思います。
posted by かう゛ぇ at 15:10| 京都 ☁| Comment(3) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

Fabuland Church

fchurch01.jpg
ファビュランドの教会を組んでみました。
土台になっているのはぷにくんから譲ってもらった6081 ゆうれい城のベースプレートです。

教会という題材は以前にもホテル京阪のイベント用に組んだことがありましたが、ファビュランドにも街のシンボル的な教会があればとずっと考えていました。
今回、土台に使ったお城シリーズのベースプレートはお城シリーズ自体が人気だったこともあり、流通量も少なくありませんが、いかんせんお城以外に使いづらいという大きな問題があり、なかなか使う機会も購入の機会もありませんでした。
そこにちょうどぷにくんが持ってるというので、今回お願いした次第です。

屋根は緑のプレートを重ねて作るつもりでしたが、ちょうどデジラさんのほうで青スロープが安かったのでこれを大量に購入して仕上げました。
塔の部分の75度スロープはブリッククリエイトさんのほうでお願いしました。
結果的にファビュランドシリーズ本来のシンプルなレゴブロックのイメージを崩さずにできたように思います。

fchurch02.jpg
窓と壁が一体成形になっているパーツも教会作りのために集めていたものを使っています。
部分的に最近のパーツを組み合わせていますが、ファビュランド自体、一体成形パーツがほとんどというキットばかりでしたので、現行の凝ったパーツをあわせたところであまり違和感がなく、うまくまとまったと思います。

今時のモジュールタウン系とはまた違った良さが昔のキットには、そしてファビュランドにはあるような気がします。
凝った作品が当たり前の今、物足りないと思われるかもしれませんが、これからしばらくかけて僕のファビュランドを作っていけたらなと思っています。

ちなみにこの教会が今年初作品です(笑)
posted by かう゛ぇ at 13:58| 京都 ☔| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

神戸北野レゴブロック異人館

神戸北野01.JPG
神戸北野と言えば坂です。
異人館を巡るのも坂を上って下がって、えっちらおっちら結構大変です。

異人館を作るにあたって、ただ横に並べるということは考えていませんでした。
展示する際には台の上に乗せるということを想定して作っていましたが、問題は”坂”でこれが地味に大変なわけです。
レゴブロックで組むのはもちろん、坂のジオラマを作るにしても斜めにカットすればいいというものではなく、台の高さと最低限あっている必要があります。

昨年のホテル京阪でのイベントの際、エースくんパパが断熱材をカットして台を作ってくれた経緯があり、今回も台とスロープを作ってもらえないかとお願いしたところ、出来上がってきたのが写真の台とスロープです。

思っていたものとはかなり違いましたが、それがダメな方向ではなく、すげー方向に違っていたことがわかってもらえると思います。
ハンパなくすげーです。

神戸北野02.JPG
台というと地味ですが緑に塗ってあったり、上の台座から下の台座までが絶壁ではなくスロープになっているのもさすがです。
主役はあくまで異人館なんですが、この台があってこそ、また坂があってそこに人がいるからこそ生きて見えるというのは明白です。

最近レゴブロックの大物展示が流行っているせいか、土地はもちろん山まで、空までレゴブロックですという展示をよく見ます。
商業的なもの、また”レゴブロックで作る世界”というのが重要なポイントである場合はともかく、個人の展示や、大きくないイベントであれば、まわりのものまで無理してレゴブロックで組む必要はなく、逆に主役をきれいに見せるのに役に立つのなら段ボールの上に乗せるたけでもぜんぜん違って見えるので有効だと思います。

レゴブロックを組むということとはまた違うかもしれませんが、空間演出というのが見せるためには必要になってきます。

レゴ作品を展示する際には小物はもちろん、コメントを書いた、作品名を書いたポップをつけるだけでも演出はできますし、それが人に見せる工夫だと思います。

そうしたことも含め、今回作ってもらった台とスロープは究極に近い完成度でした。
エースくんパパ、あらためてありがとうございます。
posted by かう゛ぇ at 10:48| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

英国館

英国館01.jpg
3軒目の異人館として英国館を組みました。

英国館02.jpg
先の2軒に比べて普通に見えるかもしれませんが、できるかぎり本物の英国館に近づけたつもりです。

英国館03.jpg
英国というと庭園も楽しみの一つですがそこまではまだいきついていません。

英国館04.jpg
裏も負けないようにがんばって組んだつもりです。
このへんの資料がまったくと言っていいほどなく、かといって裏を手を抜くともったいないなということでこちらもできるかぎりですが近づけました。

英国館05.jpg
同じく裏なのでよくわかってない部分ですが、がんばったぶんくらいはまとまったかなと。
ほぼ風見鶏の館では省略した煙突があります。

異人館01.jpg
3軒並べるとボリュームもあっていい感じに見えます。
英国館自体は一番安っぽい赤屋根になっていますが、並べてみるとそこまで目立たないので許容範囲内かなと思います。

英国館06.jpg
英国館だけに著名なバンドも観光に訪れたりして、イベント当日も賑わうのではないかと期待してます。

posted by かう゛ぇ at 21:56| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

うろこの家

uroko02.jpg
うろこの家を組んでみました。
ほんとは塔が二つ、建物自体も二つありますが大人の事情で片方だけです。

uroko01.jpg
正面から見るとこんな感じで左右非対称なのがわかります。
手前にいる茶色いのはイノシシです。

inosisi01.jpg
勝手に借りてきた写真を見ると緑になっているので緑で組んでよかったかもしれないなと思いつつ。

uroko03.jpg
ほぼ風見鶏の館と並べると二棟しかないのに神戸北野の異人館のたたずまいを感じられます。
密かにほぼ風見鶏の館もアップデートしていますが今回はうろこの家の記事なので詳細はまた回を改めて。

レゴで組むにあたって今回のうろこの家も前回のほぼ風見鶏の館もかなり適当にデフォルメしているのがわかると思います。
一応僕の中ではサイズの整合性をもたせるために規格が決まっていて、それにのっとり組んでいます。

例えば京町家の場合には12,14,16幅、ビルであれば16,24,32幅のモジュール規格、今回の異人館についてはは24幅をベースに考えています。
うろこの家に関しては奥行きが24幅という規格でサイズをあわせています。

最近は建物を崩していないので、ここ数年の作品は並べてもそれほど違和感がないはずです。
これは自分規格のレゴタウンということはもちろん、イベント時にサイズ感がおかしいと感じさせないための策でもあります。

また大きくなればなるだけ、サイズの微妙な違いを感じさせなくなりますが、ミニフィグサイズではなくなってしまい、遊びにくい(実際にも想像の中でも)という問題が出てきます。
そうしたことを避けるために、あえてミニフィグありきの仕様にしています。

大きいものがよしとされる昨今ですがパーツの見立てでそれらしく見せるというのもレゴの醍醐味であり、僕自身はクラシックレゴの規格を拡張するカタチで再現しているつもりです。
posted by かう゛ぇ at 23:25| 京都 | Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

ほぼ風見鶏の館

bird01.jpg
神戸の風見鶏の館を再現してみました。
ロケハンに行って組んだものではありませんので、実際とはかなり異なります。
よって”ほぼ風見鶏の館”です。

bird02.jpg
はじめはただの洋館といった感じのものから組み始め、大枚つぎ込んでなんとかここまで形にしました。
あと2軒ほど組む予定ですがすでに予算オーバーです。

bird03.jpg
普段は裏まで組みませんが今回は裏まで組んでいます。
人に見せられるものということを意識して組みました。

bird04.jpg
庭に緑を加えることで実際生きている建物といった雰囲気に仕上がったと思います。

bird05.jpg
実際の風見鶏の館と比べると見劣りしますが、レゴという枠で、しかも小さく組んでいることを考えればそこそこ組めてると思います。

個人的には先に紹介した「3月のライオン」の川本家のほうがずっとがんばって組みましたが、洋館のほうがわかりやすいのか、間違いなくほぼ風見鶏の館のほうがウケがいいです。

なんでやー

ということでぼちぼち組んでいきたいと思います。
posted by かう゛ぇ at 21:54| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

川本家アップデート

lion203.jpg
細かいところをアップデートしてます。

lion202.jpg
玄関先に紫陽花をイメージした花をつけてみたり。

lion201.jpg
塀も作りました。

lion204.jpg
牛乳ボックスもつけて郵便受けを下に移動しました。

家自体はフィグサイズで組んでますがフィグをまだ用意していないので、最終もう1回アップデートの予定です。
内装も含めるとさらにもう1回くらいありそうですが、外装はこんな感じでいいと思います。

lion301.jpg
早速フィグを並べてみました。

映画版の川本家ではなく、漫画の川本家です。
はじめ三日月堂を作ろうと思いましたが、11巻の表紙であったり、イラストで登場する機会の多いのにあくまで背景としての川本家が気になって作ってみました。

しかしほとんど話題にもなりません(^^;
京町家を作っている時にはそれなりに反応もありましたが、川本家については身内しか見てくれてないなという印象です。

レゴで組んだ和建築としてはそれなりによくできていると思うんですが、元が背景だけに誰もそのへん気にも留めないというのがおもしろいなと思いました。
posted by かう゛ぇ at 09:22| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

3月のライオン

lion01.jpg
「3月のライオン」に出てくる川本家を作りました。

lion02.jpg
裏の描写がないのでまだ裏まで作りこめてないですがそこそこがんばって再現したつもりです。

lion03.jpg

lion04.jpg
posted by かう゛ぇ at 19:13| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 家・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする