2019年12月03日

Fabuland Mercedes-Benz SSK

002-680x494.jpg
Mercedes-Benz SSKというとルパン三世のクルマとして有名です。
ルパン三世はプロレーサーとしても活躍していたというエピソードが第一話で出てきますが、なぜか最新型のスポーツカーに乗っていたことはなく、常にクラシックカーもしくはクセの強い小型車を選んで乗ってました。
これは制作者側の趣味を反映しているのは間違いないわけですが、それはまた別の機会にでも。

FSSK01.jpg
さて、そんなわけでFabuland仕様のMercedes-Benz SSKを組んでみました。
レゴ作品を組むのはきっとほぼ1年ぶり(笑)

Fabulandのキャンピングカーを手に入れたので写真をTwitterにあげたところ、

 「前のクルマのベースを使えばSSKも作れそうですね」

というJOKERさんのコメントもあって、今回組んでみました。

個人的にFabulandの運転席パーツはハンドルがつけられない仕様なので苦手ですが、今回は”簡単”がキーワードの一つなのであえて使っています。

fabuland3626.jpg
Roger Racoon and his Sports Car #3626

Fabulandのスポーツカーと言えば#3626が広く知られてます。
実際これがMercedes-Benz SSKに似ているので、クラシックレーサーのイメージとしてはまさにこれでいいんですが、赤いマフラーパーツを持っていないので手元にあるパーツで組んだのが今回の作品です。

FSSK02.jpg
簡単に組んでいるわりにはそれっぽいフォルムに仕上がっていると思います。

FSSK03.jpg
リアのスペアタイヤも再現していますがFabulandカーベースのタイヤははずれませんので、このへんもそのへんにあったタイヤを適当にひっかけてるだけです。

FSSK04.jpg
せめてシートくらいはと思い、茶色のシートをおごってみました(笑)
実車のフロントはピラーレスで風よけのガラスが立っているだけですが、Fabulandパーツを使うということもポイントの一つでしたのであえて窓枠パーツを使っています。

FSSK05.jpg
ルパン三世が乗ったところはこんな感じです。
ただしシートはついていますがハンドルはついていません(笑)

FSSK06.jpg
それっぽくはできたかなと思います。
エンジンから出ているマフラーをもう1本(左右2本)増やしてもよかったかなと思いつつ、お金をかけない方向で。

FSSK07.jpg
最後はお決まりのポーズで締めておきましょう。

posted by かう゛ぇ at 11:14| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

漁船

漁船01.jpg
Fabuland 3673 Steamboat の船体を使って漁船を組んでみました。
船長は引き続きセイウチのウォーリーです。

漁船02.jpg
船室のところに浮き輪をつけたところ漁船らしさが増しました。

漁船03.jpg
中にはちゃんと舵もついてますが見えません(笑)

いかに丸く表現するかに苦労しましたが、できあがってみればこんなもんだろうと思ってます。
シンプルなつくりながら悪くはないかと。
何隻か作って船団で漁に行くとかやってみたいです。
posted by かう゛ぇ at 11:54| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

Push-Along Passenger Steam Train 7715 動力化およびロッド取り付け

7715r02.jpg
最近なぜかよくオークションなどで見かける Push-Along Passenger Steam Train 7715
往年の名キットということもあり、そのままでもよくできていますがキット名からもわかるとおり基本手押しです。
動かないのはつまらないということで早速PF化してみました。
ついでにロッドもつけてみました。

7715r01.jpg
ロッドについては関山式を採用しました。
テクニックのクランクパーツを使い、そこからロッドを伸ばしてピストンシリンダーにひっかけるような形で動きます。
以前に組んだトーマスのように前後の軸パーツにクランクパーツを引っかける方法でもよかったんですが、デュプロのトーマスがこの方式だったのでせっかくあるピストンシリンダーパーツを活用してみようと今回の形に落ち着きました。

また1本の軸パーツでロッドを再現するというのはよくありますが、実際の蒸気機関車は動力を前後の車輪に効率よく伝えるためにロッドがあるので、途中ずっと同じサイズの軸パーツというのもおかしいかなとテクニックピンを使って前後に長く伸ばすようにしました。
小型蒸気機関車なのに大型蒸気機関車と同じ軸パーツのロッドは太すぎるような気がして細い棒パーツを使いました。
先のほうはアンテナパーツになっていて、これをテクニックピンにペグパーツをつけて延長しています。
テクニックピンが途中で太くなっているので動輪とつながっているように見えるのではと思ってやってみましたが、個人的にはうまくいったと思います。

7715r03.jpg
赤外線受光ユニットは運転台におさめていますのでパッと見は以前の7715と変わりません。
ただ屋根やドアがあるため、運転台億にある赤外線受光ユニットにはリモコンの赤外線が届きにくいという大きな問題があります。

7715r04.jpg
さすがにこの大きさではバッテリーボックスを本体内に納めることはできず、蒸気機関車の次につながる客車にバッテリーボックスを収納しています。
灰色のボックスがなかったのでレアな赤を使って本体色にあわせているつもりです。


じつはテクニックピンで延長しているためロッドが若干たわみますがなんとか動きます。
見た目重視の仕様なのでとりあえずこれで動けばいいやという程度ですが、そこそこバランスもよく悪くないと思います。
posted by かう゛ぇ at 18:10| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

ホグワーツエクスプレス客車増設

客車01.jpg
ホグワーツエクスプレス 75955に客車は1両しかついてきませんが、蒸気機関車+炭水車という組み合わせに対して客車が1両というのはどうにもバランスがよくありません。
ソドー島などではトップハム・ハット卿のお母さんを乗せるのに蒸気機関車+炭水車+客車という極端な組み合わせでも運行していたような気がしますが、普段はさすがのトップハム・ハット卿もお母さんを乗せた車両が連結された列車編成といった形で客車自体が1両ということは希です。

そうなると当然ホグワーツエクスプレスについても増設したくなるのが世の常というものです。
ちなみに映画の中では当初客車は4両、途中から5両に増設されていました。
ホグワーツの生徒が増えたんでしょうか。
とにかくそれにあわせて4両牽かせようかとも考えましたが3両作ったところでこれくらいがちょうどいいバランスだと気がつきました。

客車02.jpg
まず1両目の客車はセットのものです。
屋根がぱかっとひらいて窓側の壁がばかっとはずれる仕様になっています。
また中身はコンパートメントになっており、なかなか凝った作りです(中の写真はありません)。
変更点としては2軸車両だったものを、2軸台車x2に仕様変更。
車輪パーツでは若干腰高感が出るので、あえて古い赤い車輪パーツに変更しています。

客車03.jpg
ここからが増設した車両です。
初代ホグワーツエクスプレスが安く出回っているので、これをトレイン窓パーツのために購入。
その中にシールの貼られたパーツが入っていましたのでこれを使いました。
よって側面に”HOGWARTS EXPRESS”の文字が入っています。
また中はがらんどうですがそのうちシートを配置し、1等もしくは2等車としようと思っています。

客車04.jpg
終端の客車になります。
こちらはデジラさんに「ホグワーツエクスプレスのシールまだですか?」と急かして出してもらった75955のシールを使って1両目と同じマークが側面についています。
こちらもまだ中身は作っていません。
また2両目、3両目と屋根がはずれるといったギミックはありません。
今後ウケがよくて出番が増えるようなら考えていきたいと思います。

ゴム.jpg
客車と同時進行で蒸気機関車も細かく手を入れています。
まずフロントを1プレート増やしました。
これはそのままでは先輪がうまく曲がらず、曲線で脱線するため、あそびの部分を増やして曲がりやすくするためです。
たったこれだけのことで脱線というようなことがほぼなくなりました。

まだタンの軸パーツはすべて黒に変更、動輪につけるゴムを別途ブリッカーズさんで購入して取り付けました。
これにより今まで以上にちゃんと走るようになりました。

運転台01.jpg
赤外線受光ユニットもきれいにおさめました。
ただ運転台を占拠しているため運転士は乗り込めません。

運転台02.jpg
動力化にあたっては先に動力化していたエースくんのモーター縦置きを参考にしました。
Mモーターとギアを持っていて、多少なりともテクニック系の組み方がわかっているなら難しくはないと思います。

客車05.jpg
そんなわけで客車がいっぱい繋がっているとそれだけでワクワクします。
客車自体はギミックを考えなければ難しい組み方をしているわけでもないので比較的簡単に手元にあるパーツでも再現できます。
僕自身はなるべく同じ仕様のものをと製品にあわせて組んだつもりですが、多少色が違っても屋根がカーブスロープでなくても雰囲気はそのままに組めますので、ぜひ客車を増設してみてください。
こういうのもレゴの楽しみ方の一つだと思います。
posted by かう゛ぇ at 10:21| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

ホグワーツエクスプレス 75955

7595501.jpg
トイザらス限定の ホグワーツエクスプレス 75955 をブリックトーバーにあわせて買いました!
よっぽどニンジャゴーのフィグがもらえたはじめのうちに買おうか悩みつつ、ハリー・ポッターのフィグがつく10月に入ってからというのが功を奏して10月1日から限定で値下がりしたというのはありがたかったです。

で、いつもなら買って積んでおいていつか作ろうってなもんですが、10月28日(日)の京都市交通局のイベントが梅小路であるもので、

 市バス90周年記念「電車・バスファン感謝祭」

 ⑴ 日程  10月28日(日曜日)午前11時〜午後3時
 ⑵ 場所  梅小路公園七条入口周辺,緑の館イベント室
 ⑶ 内容  ・市バス車両の展示
        ・お絵かきバスイベント
        ・交通事業者によるPRブース(民間の鉄道・バス会社10社局程度)
        ・トレインシミュレータ
        ・交通局によるグッズ,市バス・地下鉄に使われていた部品等の販売         
        ・飲食販売他



場所柄蒸気機関車あればいいなぁということで組んでみました。

ただ写真を撮っている時点で元の形とは多少違ってきていますのでそのへんもまじえ、紹介していこうと思います。

7595502.jpg
まず機関車ですがモーターはついていないものの、動輪が大型化、今まではスロープパーツで茶を濁していたボイラー部分が凝った作りになり、見た目が従来型とはまったく違った高精細なモデルに。
また製品標準はタン色のペグに動輪がささっている状態ですが、一体感を出すためにすべて黒軸に変更しています。

一見高精細なモデルに仕上がっていますが運転台の下部に穴があいていたり、前を見る窓がなかったりと凝ってるような凝っていないような中途半端感は否めず。
イマイチなところは他にもあり、炭水車が2軸、客車も従来品が4軸だったのがなぜか2軸、連結器はリフトアームとペグを使った汎用性のない仕様に(確かゴーストトレインがこれでしたのでもしかすると同じデザイナーさん?)。

7595503.jpg
2軸だった炭水車はさくっと3軸化。
3軸化にあたって元の8ポッチ長→10ポッチ長にするのが一番簡単なのにシールを貼った部分が6ポッチ幅でこれを伸ばせないので、仕方なく %15573 1x2プレート(中央1ポッチ)を使って半ポッチずらしてごまかすという手法を使っています。

7595505.jpg
炭水車は動力化に際しバッテリーを内蔵するため、上からポッチではめてはいますが下ははまってないので上からかぶせただけの状態です。

7595504.jpg
客車も従来品が4軸(2軸ボギー台車x2)だったのに対してさくっとコストカットの2軸化ってそこを削ったらダメだろうという仕様に驚きつつ、4軸化(2軸ボギー台車化)と窓をトレイン窓に変更。

7595506.jpg
動力化に際し、きれいに処理できたと思っていた運転台の隙間がまだあるのをみてがっかり。
モーターをはさみこむ形でプレートパーツ、タイルパーツを貼っているため、これ以上埋めることができませんでした。

7595507.jpg
客車、炭水車の連結器はトレインの連結器に変更。

7595508.jpg
ただし蒸気機関車と炭水車の間に関してはそのままに。
これは炭水車と蒸気機関車セットで動くため、汎用的な連結器ではなく専用の連結器が使われているというようなことがwikiなどにも書かれてたのでこれでいいだろうと。
トレイン標準の連結器でつないだ場合、隙間があきすぎるのでこれに関しては許容の範囲内と考えています。

7595509.jpg
客車は前述のように4軸化のうえ、トレイン窓に変更して台車がまわるようにターンテーブルパーツでくっつけています。
さすがに車軸を4軸化しただけではカーブをまがれませんが、ディスプレイモデルであればターンテーブルパーツまでは必要ないかもしれません。

すでに動力化してしまっているので製品とは違っていますが、簡易版とはいえ動輪にロッドがついている蒸気機関車セットはエメラルドナイト以来、しかも炭水車、客車という構成まで一緒で駅までついててこのお値段。
エメラルドナイトがプレミア化している現在、ホグワーツエクスプレス以外に選択肢はなく、また動力化もできなくはないということでいいキットだと思います。

ただし動力化に際してはMモーター、赤外線受信機、バッテリーボックス、さらにギアや軸などPF2.0への切り替え時期でもあって手に入るような入らないようなパーツを揃える必要があり、誰でもお手軽動力化というわけにはいきません。

僕自身、ロッドのついた蒸気機関車、しかもMモーターを使っての動力化ははじめてでしたが微調整が必要だったり、思った以上に苦戦しました。
しかし動いた時には感動しましたし、蒸気機関車作るビルダーが多いのも納得です(笑)
posted by かう゛ぇ at 14:06| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

HD300

hd3001.jpg
発売当初から”HD300そっくり”と言われてたレッドカーゴトレイン 3677のジャンクを手に入れ(じつは未開封で一箱置いてありますがw)、せっかくなのでこれをHD300に仕立ててみました。
ベースが実機ではなくあくまでレッドカーゴトレインで”レッドカーゴトレインをいかにHD300に近づけるのか?”というのが目標です。

hd3002.jpg
ほんとはトレインベースを3677の黒から白にして”HD300になりました!”と簡単にすませるつもりでしたが、白いトレインベースが黒いトレインベースより短く、台車つけるのに苦労して、こんなことならベースから組んでやる!とやりなおした結果がこれです。

hd3003.jpg
3677の特徴である、灰色のラインを実機に近い上部だけにして(一部残ってはいますが)なるべく赤い部分を増やしました。
ただし側面の濃灰のグリルブロックや、赤外線受光器側面の灰色が残っている部分についてはそのままに3677らしさを残しました。

前後の階段をどう表現するか悩みましたが、横から見ると階段があるように見えるので(実際は一段しかない)最低限の処理はできたかなと思います。

また連結器については灰色のものに変更、トレインモーターサイドも灰色に変更してみましたが台車が主張しすぎるので最終的に黒に戻しました。

運転台の窓は黒のほうがよかったかなと思いつつ、繰り返しになりますがレッドカーゴトレインをベースに組むということが目的なので、あえて赤のままで上下、また中央の窓を赤から黒に変更して黒の割合を増やしています。

HD300-17_at_Hachioji_Station_20171028.jpg
HD300自体は貨物駅構内の入換作業用のDE10が老朽化、その置き換えとして導入された車両であるとwikiにもあります。
レゴのレッドカーゴトレイン自体、日本のディーゼル機関車をモチーフとしているのは間違いなく(海外でも同様のデザインのものがあるのかもしれませんが色も形も日本風なので)ちょうどHD300の置き換え時期と重なって発売当初からHD300そっくりと言われていたのは前述のとおりです。

そっくりなものをさらに似せるだけと軽い気持ちではじめてハマった結果、半日かけてカラーリングが多少似てるくらいしか似てないという作品になってしまいました。

ただレゴですからそのへん割り切ってこれはHD300だと思い込めばHD300として運用できることは間違いなく、よってこれはHD300なのです。


久しぶりに半分とはいえオリジナルのレゴトレインを組んで楽しかったです。
先日からずっと製品を組み続け、精神いわす寸前までやってたので余計に開放感みたいなものを感じながら組めました。

http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000242821.html
今回のHD300はもしかすると2018年10月28日(日)に梅小路公園で行われる市バス90周年記念「電車・バスファン感謝祭」で走らせる可能性があります。
HD300はなくても関西LT会として出展してますのでぜひご来場ください!
posted by かう゛ぇ at 10:42| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

シトロエンHバン

773101.jpg
シトロエンHバンのつもりです。

HVAN.jpg
Hバンとはフランスの自動車メーカー、シトロエンが1947年から1981年まで製造販売していた貨物自動車で日本で売ってたのかどうかはよくわかりませんが、ルパン三世によく登場していたので実車は見たことがないけど、ああ、知ってるみたいな意外となじみ深い車です。

773102.jpg
レゴで作られることも多い題材ですが、僕自身はいつも通り”はしょれるものははしょる”、”見立て命”とかなり割り切って組んでますので、サイドのドアがなかったり、ドアの開き方が違ったり、実車ではなく雰囲気重視になっていることをご了承ください。

773103.jpg
じつはオリジナルの6幅車は今回がはじめてです。
いつも4幅ですがFabuland用ということであえて6幅車にしました。

773104.jpg
お届け物でーすっ

773105.jpg
ちゃんとハンドルもついています。
シートが2x2の丸プレートタイルで丸い座布団みたいですがファビュランドフィグを滑り込ませるためにあえてタイルにしています。
四角だと座布団そのままなのであえてかわいく丸タイルです。

773106.jpg
そんなわけでファビュランドフィグが乗るとちょうどよく見えます。
posted by かう゛ぇ at 21:33| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

スロットカー買いました!

slot.jpg
スロットカーを買いました。

https://www.toysrus.co.jp/s/dsg-494608100
トイザらスのクリアランスセールで送料込み798円(税別)だったからですが・・・(笑)

ただ今更スロットカーです。
しかもこれ798円(税別)だけあって恐ろしくチープです。
例え子どものおもちゃといえども昨今ここまで子どもだましのおもちゃも珍しいです。
普通の値段だったら買わなかったと思います。

で、ここはレゴの家です。
当然のようにレゴで遊ぶのに使おうと思って買いました。

slot01.jpg
早速バラします。
ネジを2本はずすだけで何の工夫も苦労もありません。

slot02.jpg
ただそのままだとひっかかる部分があってレゴの車がうまくかぶせられないので、赤い○の部分をカッターナイフでカリカリ削ります。
あぶないですから気をつけてというくらいのことでこれも難しくはありません。
やすりなんかで削ってもいいと思います。

slot03.jpg
削ってかぶせるだけだと固定されていませんのですぐにはずれます。
もしくはタイヤにひっかかってうまく進みません。
そこでさきほど削った部分に厚みのある両面テープを細く切って貼ります。

slot05.jpg
これにレゴで作った車体をかぶせるとできあがりです。


タイヤがひっかからないように多少調整が必要かもしれませんがこれでビュンビュン走ります。

じつのところドリパケナノを買い逃し、かといって元々そこまでラジコンにびびっとこなかったというんでしょうか。
操作が難しそうだし、広い場所が必要だし、どっか飛んで行ってしまいそうだなと思って手を出さなかったわけですが、ふとトイザらスを覗いた時に798円で売っていたスロットカーは値段はもちろん、操作はボタン一つ、これは使えるとポチッといってしまいました。
ちょうどイベントの時にレゴトレインの運転体験の他にも何か遊べないかなと考えていたこともあり。

ただ問題がないわけでもなく、4幅車のふりして運転席部分は5幅だったり、レゴのこと考えて設計されていないのでプレート一枚が入るか入らないかといった組むにも微妙な調整なしには仕上がらなかったり、そもそも中華製で思いっきりチープなうえに精度が悪くて左右でいがんでいたり(^^;

諸々問題や障害はあるものの、出来上がって自分の車が動いた時の感動はそれ以上のものがあり。
きっと子どもにも大ウケ間違いなし!

梅小路あたりでみんなで遊べたらなぁと思う次第です。
posted by かう゛ぇ at 23:54| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

クロネコトラックとドライバー

クロネコトラック01.jpg
クロネコトラックです。
http://legohouse.seesaa.net/article/432432592.html
以前に作ったものそのままですので特別紹介するようなものではありません。

クロネコトラック02.jpg
後もドア部分もフルオープンです。
これはパーツがなかったというよりもレゴの古い街シリーズの作りに近くしているためです。

クロネコトラック03.jpg
こんな感じで働いてます。

クロネコトラック04.jpg
どちらかというと今回の更新はこちらがメインです。
一応二体用意してますが緑のキャップが一つしかなく、今のところ揃っていません。

クロネコトラック00.jpg
以前はこんな感じで色も揃っていたんですが、展示から戻ってきてフィグだけなくなったとのことで、それらしトルソーをクロネコヤマトの人として刷新しました。
どっちも嫌いじゃないですが、新しいバージョンはレゴシティシリーズのゴミ清掃人のトルソーらしく、汚れのプリントがあるのが残念なところです。

実際のクロネコヤマトの人は新しいバージョンではなく以前のバージョンのようにトラックと同色のジャンパーをきているんですが、新しいバージョンのクロネコヤマトの人も悪くはないかなと思います。
posted by かう゛ぇ at 14:32| 京都 ☔| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

ドックサイダーとトーマス

doc01.jpg
トーマスは普通に大人気なのはともかく、今回初運転となったドックサイダーの編成もかわいいと評判でした。
もうどれだけ前に組んでいたのかも忘れるほど、ずっと前に組んで、ずーっとLEGO部屋に飾ってあったものを、最終日はマツタケ所長のOBBの編成がいないということで動かしてみることにしました。

doc02.jpg
コンパクトな車体というのもさることながら、ドックサイダー、トーマスともに関山式ロッドがついているのが特徴です。
そしてドックサイダーについてははじめてオリジナルで組んだ蒸気機関車ということで愛着もありました。
(他にも阪大レゴ部の合作に出した小型蒸気機関車、また#3740の再現などはありましたが)

Docksider.jpg
今回の海辺の町にはどちらも違和感なく、ぴたっとはまったのはやはりかわいいからというのが大きかったように思います。

b301.jpg
http://legohouse.seesaa.net/article/426449251.html
昨年の9月にはこんな感じでした。
そこからさらに金色の手すりにしたり、文字をあえてなくしたりしてデザイン上の取捨選択をしていって、今回の形に落ち着きました。

doc03.jpg
ドックサイダーの編成の一番後ろにはホーマーがいます。
顔付きのトーマスの編成と違和感なく、また僕自身の一連の蒸気機関車作品の集大成的な編成が気に入っています。

擬人化した機関車や列車が一概にいいとは思いませんが、おもちゃだからこそ許される世界観のようなものは僕自身とても好きで今回はそれがぴったりはまったイベントでした。

途中になっているサーカス列車のほうをまた組んでいきたいなと思っています。

Tm_c1.jpg
ちなみに参考にしたのはNゲージのドックサイダーです。
posted by かう゛ぇ at 00:03| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

クロネコトラック

yamato02.jpg
クロネコトラック
青いシートが働く車の証!

yamato03.jpg
配達にまいりましたー!
ドアはあえてつけず、レゴシティ仕様。

yamato04.jpg
都合上、リアは半オープン。
ぱたっと倒れるギミックくらいはあってもいいかも。

yamato01.jpg
ありがとうございましたー!
posted by かう゛ぇ at 20:02| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ クルマ・トレイン・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする