2017年03月01日

年度末に向けてお買い得情報など


ベルのお城、5,000円に戻ってます!今が買い時!


ゾンビファンに人気のキャンピングカーも再入荷するらしく、6,463円 (パーツ単価 8円)で絶賛予約受付中!


ツリーハウスもこれで三作目、フレンズもあわせると五作目くらい。
こちらもパーツ単価 8円で出てます。
湖岸のロッジに至ってはパーツ単価 7円、僕自身は3,000円超えたあたりで買った記憶がありますが、2,591円とぶっちぎりの40% off。


再入荷の新作タウンハウスは40% offの4,807円!
街角のデリは38% offの4,036円!


割引率は高くないものの、パーツ単価は 8円と安定のミニキットは複数買っておくとしあわせになれそうな気配。


小さいウェッジパーツ狙いで赤箱か、ホイール狙いで青箱か。
緑も細かいパーツがほしければ買いかも。


オレンジだけなぜかパーツ単価が高いですが、部屋の家具とか作るのに使えそうな色合い。
目玉のプリントパーツも入ってます。


時期が過ぎてむちゃくちゃ安くなってるのがトナカイキット。
おまけキットなので元々タダやんと思われるかもしれませんが、ロボに使えるヒンジパーツなど入っているので、買い得感は高いかと。

クリスマスツリーのほうはトナカイに比べると割高ながら、次のクリスマスに向けて買っておけば間違いなく今が底値。


大物で買い得感が高いというとケータハム。
ゴーストバスターズのキットも安い。
どちらも過剰在庫なのか、なぜか安いクルマが二台。
遊ぶという意味ではゴーストバスターズのほうが遊べそうですが、ケータハムもパーツ構成はかなり魅力的です。


そして今、一番押さえないといけないのがこちら。
さいとうよしかずさんの新しい本です!!
レゴレシピ本もなかなかよさげ。

そんなわけで大物はあんまり安くないですが、ミニキットが意外と買い得感があるなという印象です。
個人的にさいのうさんの本とフィグ目当てにベルのお城はほしいなと思ってます。


追記 これも
posted by かう゛ぇ at 13:37| 京都 | Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

クマを買いました!

bear01.jpg
来ました!

bear02.jpg
来ましたよ!

bear03.jpg
クマが来ました!

bear04.jpg
そんなわけでデュプロのクマです。
chimtakoさんにTwitterで教えてもらって、つい・・・

http://www.jushiya.jp/
いつものじゅし屋さんのほうで購入させてもらいました!
chimtakoさんに教えてもらった時には在庫がなかったんですが直後に入荷!
ちょうど前々回記事にしたマックのパーツが欠品していたので、これを発注するついでということでぽちっとな。

デュプロ最強ともいえるかわいさが僕のハートにドキュンでした!

もしかすると今年初のデュプロ購入だったかも・・・(ただし中古を除くw)


セットとしてはこれに入っているようです。


しかし今季のデュプロの新製品は街に特化しているというか、なぜか建物が充実しています。


従来なぜかどうぶつ関係のキットばっかりで、今も中古市場はどうぶつえんかサーカスれっしゃ、もしくは農場というラインナップだったのがここにきて突然建物が中心になっていて驚いています。

bear04.jpg
僕が買ったのはクマですけどね!
それもほんとにクマだけ(^^;;
posted by かう゛ぇ at 22:31| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

デュプロ トレインレールセット 10506 2918円!


ながーくながく欠品していたレールセットが入荷してます。
在庫ありなので今のうちにどうぞ!

生きてますよ・・・忙しかっただけです(^^;

DSCF5038.jpg
その証拠にこんな感じでいろいろ買い集めてました。
わかる人にはわかると思いますが、きっとこれの意味がわかる人はほとんどいないかと・・・

一度本気でデュプロトレインを広げて走らせてみたいです。
今なら町もそこそこ大きく広げることができるはず・・・
posted by かう゛ぇ at 22:57| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

メガブロック ミニオンズ スクーター・エスケープ

minions01.jpg
メガブロック買いました。
ケビン目当てだったんですが、とりあえず組んでみます。

minions02.jpg
わざわざパーツに分けてる意味がないくらいにほぼ特殊パーツで構成されています。
それもパチブロック特有のむんにゅっというやわらかい感触が気持ち悪いです(^^;

minions03.jpg
これほど達成感のないビルドはありません。
ケビンがかわいくなかったら投げ捨てるレベルですが、ケビンに免じてよしとします。

むいたバナナが入ってるとかパチらしい小技が効いてます。

最近メルカリとかも見てると出品してあるパチの説明書きに”レゴとまぜて遊べます”とか書いてありますが、まったくその気にならないクオリティです。
ただ前述のバナナとか、ワンシーンをおもしろく演出しようという心意気は悪くないと思います。

とりあえずもう買いません(^^;

posted by かう゛ぇ at 17:15| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

メガブロック ミニオンズ400円ナリ

mi01.jpg
阪大まちかね祭に行った帰り、エキスポシティのレゴストアに寄りました。
でもレゴは買わず・・・キディランドのほうでミニオンズのフィグを買いました。

mi02.jpg
メガブロックといえば”レゴの互換品”。
互換品と言えば聞こえはいいですが、ようは偽物というイメージなのはレゴラー全員の共通認識だと思います。
しかしこのフィグはすごいです。

mi03.jpg
このアクションを可能にしているのがボールジョイントで、これは本家レゴにも見習ってほしい作りです。
従来のミニフィグはそのままにして、フレンズフィグの可動域をこれで増やせば楽しいんじゃないかとか。

ただメイドイン中華なので当然耐久性には問題が・・・とは思いますが、正直子どものおもちゃなのでそこそこの耐久性があればそれでよく、どちらかといえばこの可動域の幅が遊び方の可能性を広げてくれるはずです。

このフィグに感動し、思わず、


ミニオンズ ステーションワゴンセットを発注してしまったのはここだけの秘密です(^^;

さすがにミニオンズをいっぱい揃えようとまでは思いませんが、このフィグの楽しさは互換品の枠を越えて素晴らしいフィグだと思います。

この他に以前にスポンジボブのシリーズも出てましたが、そっちのほうはスポンジボブ以外のキャラクターのデキがイマイチで食指が伸びずだったのが今回のミニオンズにはやられた感があります。

mi04.jpg
たださすが中華製、目のプリントが左右で揃ってないとか根本的にクオリティが・・・
そのへんレゴ並の品質を求めるとがっかりが倍増しますので、あくまでしゃれということで。
それにしては一体400円という値段設定はレゴのミニフィグシリーズとほぼ同じなので、どうなのかなとは思いますが(^^;;

オチもついたところで今回はこのへんで失礼いたします。
posted by かう゛ぇ at 00:27| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

大阪大学まちかね祭 レゴ部展示

handai01.jpg
晴れわたる空、なぜか阪大の学園祭の日はまちかね祭、いちょう祭共に暑いという(^^;

handai07.JPG
入ってすぐに迎えてくれるのはクリオネ、お寿司、オウム、そして?(^^;

handai02.jpg
マツダくんの航空母艦イラストリアス。
航空母艦らしく艦載機も飛んでます!

handai03.jpg
新井くんのロボットの楽器(鳴りません)。

handai04.jpg
こちらはおっさんグループ、Keiさんの本家レゴ楽器(こちらも鳴りません)。

handai06.JPG
続いてもおっさんグループ、しおぽんさんのスペースシップ”ずぼらや”(嘘)。

handai08.JPG
ジャパンブリックフェストで登場したおっさんグループ、なもさんのスペースタワー。
とにかく圧巻。

おっさんグループの若手Noriさん(おっさんじゃないですw)の作品を撮り忘れたり、マインクラフトのいい写真がなかったりいろいろですが、まあこんな感じで。

handai09.JPG
阪大レゴ部と言えばワニ

handai10.JPG
副部長サコサコくんのUFOキャッチャーとやはりワニ

handai05.JPG
子ども達の作品コンテストも行われていました。

そういえば今年はトイレがなかったような・・・ぃゃ、レゴのですよ(笑)
posted by かう゛ぇ at 13:28| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

MaBeeeでデュプロをラジコン化!その3

現行のデュプロのトレインモーターには3分でストップするタイマーがついています。
しかし前回実験していた古いデュプロトレインのモーター車にはタイマーがついていません。
走り出したらボタンを押すまで止まりませんので、MaBeeeを導入することでスピード調節のみならず、遠隔操作で”停車する”という機能を追加できました。

mabeee201.jpg
現行のトレインモーターでもMaBeeeを組み込むことで人の手によって”停車”が可能になります。
しかしタイマーでも勝手に停車するのか、それとも停車しないのか。
些細なことのようですが、連続運転させる場合にはこれが大きな問題になってきます。

なぜなら例えばタイマーで停車するのがトンネルの中だったらトレインを中から取り出さないといけなかったり、ある意味、列車事故を定期的に引き起こす要因となります。
子どもたちだけで遊んでいる場合には多少手がかかっても遊びということでいいのかもしれませんが、大人が一緒にいても分ごとに再度発進させるなんていうのは手がかかるだけのおもちゃとしか思えません。

電池を節約するという意味でタイマー式になっているんだと思いますが、正直今のデュプロトレインで一番いらない仕様です(^^;

さて、そうしたことからMaBeeeを組み込み、もし電圧の変化でタイマーがリセットされるなら?というのが本題です。
電圧の変化でタイマーがリセットされるとしても3分以内に一度は操作しないといけないという仕様ならスイッチを押して再度発進するのと同じ手間のように一見感じるかもしれません。
しかし勝手に止まるのと、”運転士”がスピード調節することでタイマーがリセットされるのとではまったく意味が違います。
タイマーで停車するのを回避するのが”運転士”のお仕事だとすれば、これはMaBeeeで操作する意味が出てきます。

運転士としての責任感というものが・・・それほどたいそうなものでないにせよ、運転することに意味があるというのは遊びの要素として重要です。

しかしながら現行のトレインモーターはやはり3分で勝手に停車し、MaBeeeでコントロールできるのも3分間だけでした。


レゴのPFがどんどん多様化して、ただ走らせるだけのモーターではなく、クレーンを動かす、方向転換するといったことが可能になっているのに、デュプロのトレインモーターは制限が増えているというのは残念です。

今後はMaBeeeのようなユニットと連携できるようにして、ソフトウェアの面で可能性が広がるようなシステムができれば、さらに長く使えるおもちゃになっていくのではないかと思います。

mabeee202.jpg
電波の距離で勝手にスピード調節されるというモードも試してみましたが、ちょっと離れると受信状態が悪く止まってしまうので、夢に描いた自動運転は難しそうだなという印象です。

ただそのあたりメーカーのほうもわかっているようで、スピード調節の最低値を自分で設定できるので、ギリギリデュプロトレインが動くところに最低値を設定すればいいようになっています。

とにかくソフトウェアの面でもうちょっとカスタマイズできるようにしてほしいというのがMaBeeeを使っての一番の感想であり、要望です。

mabeee203.jpg
また20年以上前のデュプロトレインのほうがMaBeeeで遊ぶには適しているというのは面白い発見だったと思います。
おもちゃは使い捨てではなく、20年も経ってからまた遊べるなんて、MaBeeeの可能性を大きく感じました。

posted by かう゛ぇ at 08:51| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

MaBeeeでデュプロをラジコン化!その2

mabeee16.jpg
MaBeeeを買いました。
以前はawazoさんに借りましたが今回のレポートは今回買ったぶんも物自体はまったく同じです(^^;

しかもawazoさんには新しく買って返したので、じつは一人で二つも買いました。

なぜなら・・・

mabeee17.jpg
一見普通に見えなくもないですが・・・

mabeee18.jpg
噛まれました・・・バラバラになってました・・・

mabeee19.jpg
こいつです!こいつが犯人です!

それをふまえて・・・

mabeee01.jpg
今回はレバーモードです。
傾きモードと違って画面をタッチして操作します。

mabeee02.jpg
画面をタッチしてレバーを上げ下げすることでスピード調節できます。

mabeee03.jpg
ゼロ発進は・・・

mabeee04.jpg
やっぱりできません。

mabeee05.jpg
次に時計モードでも実験してみます。

mabeee06.jpg
タイマーでオンになっても動きません。

mabeee07.jpg
傾きモードをオンにした状態で車両のボタンをオンすると、

mabeee08.jpg
しっかり動き出します。
スピード調節もよほど低速にしないかぎり止まりません。
電圧がさがりすぎると止まりますが、再起動は再度最大域で電源オンしないといけません。

mabeee09.jpg
ただ車両を動かすには傾きモードよりもレバーモードのほうがコントールしやすいです。
スピード調節しないようならオン/オフだけのスイッチモードでもいいと思いますが、それではMaBeeeの良さを発揮できません。

mabeee10.jpg
レバーモードは縦画面でも操作できると操作感がアップしていいと思いますが、縦画面モードはありません。

mabeee11.jpg
横画面になっているのは4チャンネルのコントローラを選べるようになっているからです。

mabeee12.jpg
コントローラは四色に色分けされています。

mabeee13.jpg
画面を押すと次々と色が変わっていきます。

mabeee14.jpg
当然このモードをフルに活用しようとするとMaBeeeが4つ必要になります。

mabeee15.jpg
一台でも車両の色にあわせるなどして遊べるのは視覚的にもわかりやすくていいと思います。

縦画面モードがほしいということを先に書きましたが、同時に鉄道模型のコントローラみたいなスキンを変更できるようになるとさらに楽しめそうです。
MaBeee自体の機能はシンプルでもいいですが、せっかくスマートフォンをベースにソフトウェアを開発しているのであれば視覚的に変更できるというだけでもわくわく感がまったく違ってきますし、おもちゃとしての意味があるように思います。

もうちょっと続きますがひとまず。

posted by かう゛ぇ at 02:38| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

MaBeeeでデュプロをラジコン化!?

mabeee01.jpg
awazoさんからMaBeeeを借りることができましたのでこれについて書いていきたいと思います。


まずMaBeeeとは電池型のBluetoothを使った受信機です。
ようは電池の形をしているリモコンユニットです。
これを使うためにはiOS8、Android4.4以上のスマホもしくは端末が必要です。

最近の機種ならまったく問題ありませんが、なぜかうちにあった端末は対応しているはずのものも動かず(^^;
結局iPhoneに機種変更して使えるようになりました。

MaBeee自体は単3電池型ですが、これはカバーになっていて単4電池を中にセットして使います。
型は一緒なんだから通電さえすれば動くだろうと思う人もいるかもしれませんが、デュプロトレインは4.5V(1.5Vの乾電池が三本必要)なので、電池の入ってないMaBeeeを入れたところで動きません。
そもそも電池入ってないと通電もしないので動きませんが。

よくわからない人は小学生の理科から勉強しなおしてもらえるとわかると思います。

mabeee02.jpg
頭の準備が整ったところで、早速テストしてみます。
古いタイプのデュプロトレインです。

mabeee03.jpg
電池ボックスに入れると受信機が赤く光ります。

mabeee04.jpg
MaBeeeのユーティリティーを使って接続。

mabeee05.jpg
早速、動かしてみます。
コントローラー(この場合、スマホ)を置いたままだと動かないどころか、ボタン押しても電源すら入りません(汽笛が鳴らない)。

mabeee06.jpg
コントローラーを立てた状態で電源ボタンを押すと動き出しました。
コントローラーを寝かせるとスピードダウンします。
また立てるとスピードアップします。

mabeee07.jpg
現行と同デザイン(若干仕様は異なります)デュプロトレインに取り付けてみました。
やはりゼロからの発進はできません。
コントローラーを立てて出力をあげた状態で電源オンすると走り出します。

mabeee08.jpg
快調に走っています。

mabeee09.jpg
スピードを落としていきます。

mabeee10.jpg
0になると止まります。

mabeee11.jpg
しかしまたコントローラーを立てて出力をあげても走り出しません。
コントローラーを立てた状態で再度電源ボタンを押すと走り出します。


以上のようにコントローラーとして使うには物理スイッチで電源オンする必要があるぶん少々難ありと言わざるを得ません。
物理スイッチを介さず配線を直結すればうまくいくのかもしれませんが、MaBeeeのシンプルな使い方とはまた違ってきますので、あえてややこしいことはしない方向で実験しました。

ただ僕が走らせていると娘が

 「なにしてんのぉ?」

と寄ってきて、きゃっきゃっ言いながら遊んでましたので、スピードコントロールしかできないとはいえそれはそれで楽しいようです。


ただそのために5000円近く投資できる人は少数派だと思われ(スマホも必要ですし)、電源ボタンを押して走らせるだけのデュプロトレイン本来の遊び方でも十分楽しいです。

MaBeeeの良さはさらにそこから踏み込んで、コントロールできる(つながっている)楽しさを加えるかどうかというところだと思います。
それが必要だと感じたのなら5000円は決して高くはないですし、面白いです。

実際今回は動くかどうかがわからなかったので借りましたが、ある程度、遊べるということがわかったので自分用にも買おうと思っています。
あとはこれがイベントで使えたら子ども達はどんな顔するんだろうと(^^

今回時間がなくて(面倒で)現行のデュプロトレインモーターではテストしていません。
現行のものはある一定時間走ると勝手に止まりますが、MaBeeeを入れた状態でも止まってしまうのか、それとも走り続けるのかはやってないのでわかりません。
そのへんについては追記する予定です。


今はちょっと高いですが、これが5000円代で売ってる時には1セット買っておいて間違いないと思います。


最後になりましたがAwazoさん、MaBeeeを貸していただいて本当にありがとうございます!
もうちょっと安くなったら買おうと思ってます(^^<結局買う
posted by かう゛ぇ at 22:35| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

デュプロ カーズ クラシックレース 10600

cars01.jpg
一年以上前のキットですが、カーズのキットで唯一の生き残りがこのキットです。
届いたのはいいけど反対向け・・・

cars02.jpg
こっちが正面です。

cars03.jpg
2〜5歳向けとか書いてあるのは見ないことにして・・・

cars04.jpg
説明書は見ませんが、それでもくしゃくしゃなのはちょっと心が痛みます。

cars05.jpg
あけるとこんな感じです。
台車はライトニングもメーターも同じようで、その上にかぶせるだけの仕様です。

cars06.jpg
こんな感じでレースをしているというイメージですね。

cars07.jpg
ライトニングとメーターという二台の主役が入っているキットというのは、絶版になった時に間違いなく一番人気で手に入らなくなるであろうキットです。
だからこそ今回僕は無理して買ったという経緯があります。

またデュプロの車はやたら大きく、大味なものが多いですが、カーズとブーブーズだけはちょっとこぶりで、レゴの世界にあってもおかしくないギリギリの大きさだったということも購入動機の一つです。

それでも普通のミニフィグにはちょっと大きいかもしれませんが、ファビュランドフィグには(きっとフレンズでも可)ちょうどいい大きさです。


レゴとデュプロというのは大きいお友達にとっては相容れないおもちゃかもしれません。
でも子どもにとっては”おもちゃ”という一点において、それこそプラレールあたりまで含めて同じです。
世界観が違うとか、対比がおかしいとか、そういうことを言い出した時点で負けなのです。

確かにリアルな世界観を目指して組んだ町に対しては置いておくのもはばかられるくらいに差異があるものの、もし子どもがその世界観を楽しんでいるようであれば、少なくとも親は

 「楽しそうだね」

くらいは声かけしてしかるべきだと思います。

それがその子にとっての世界なんですから、それが”おかしい”と言ってしまっては元も子もありません。
そして仮に大きなお友達がそれで遊んでいたとしても生暖かい目で見守るくらいの余裕があってほしいと思います。
僕がその対象だからということもありますが、自分の世界というのは誰にでもあって、それを否定する理由は何もないのもまた真理だからです。
posted by かう゛ぇ at 23:49| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

はじめてのトレインセット 10507 5,471円!


もしデュプロトレインを試したいということなら、この機会にぜひはじめてのトレインセットを!
僕も結局都合2セット買いました(^^;
それくらいいいキットです。

デュプロトレインはレゴトレインと違い気軽にさわらせることができるので楽しさ倍増です。
レゴトレインと互換性のないレールというのは正直、なんでやねん!!と問い詰めたくなるレベルですが、トレインにこだわらないという遊び方なら十分に楽しいです。
レゴトレインもさんざん買ってきて遊んできた僕が言うんだから間違いありません!

将来的にレゴトレインも本格的にやっていきたいということであれば、


ハイスピードパッセンジャートレインをおすすめしますが、こちらは値段も倍、かわいさは1/3くらい(^^;
レゴトレインのベース用、もしくはそのまま走らせるぶんにはいいですが、通勤電車っぽくもなく、シンプルな町のまわりをいわゆる新幹線がまわっているというのはイメージがふくらんでいかないように思います。


これとは別に今、きっと超お買い得なのがこちらのデュプロのカーズ。
このキット、安いのにライトニングマックィーンとメーターという主役の二台が入っているキットで、シリーズ自体が絶版。
ヤフオクでも安くないのでこの機会にぜひ!!!

デュプロトレインは絶版になるのか、新しいシリーズはレゴ互換で復活するのか・・・
後者に期待しつつも絶版になるともう手に入らないのでこの機会に買っておいたほうがいいと思います。
posted by かう゛ぇ at 14:04| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする