2021年11月05日

第5回レゴブロック展示会in梅小路 レポート

ume2021049.jpg
konekoくんに書いてもらった”2階でもやってます!”からはじめましょう。
第5回レゴブロック展示会in梅小路 レポートです。

ume2021144.jpg
まずは初日2階、YOGOさん、ものすごいもの持ち込んでいただきました。

ume2021133.jpg
大きいガンダムもすごいんですが個人的にダグラムが・・・ラウンドフェイサーって一見レイズナーだと勘違いした僕でした。
主人公機のダグラムのみならずコックピット部分(ようは頭)とかめちゃくちゃよくできてます。
頭がコックピットって一番狙われやすいところに操縦者持ってくるというレイアウトがすごいです(原作)。

ume2021138.jpg
こちらぱぢるさんの卓。

ume2021143.jpg
キャラモノに目が行きがちですがオリジナル作品も多数。

ume2021140.jpg
でもまあここは当然・・・クラブガンナー!

なんでもダグラム40周年だとかで今年はダグラムが流行のようです。
もうあと2ヶ月ですけれども。

ume2021153.jpg
Scatman Orangeさんの卓です。

ume2021152.jpg
今回知り合いが二日目に見に来てくれましたがScatman Orangeさんの作品が圧倒的だったとえらい褒めてました。

ume2021275.jpg
個人的にはチラシVer.2にも載せてた鎧武者がすごいびびっときましたが、履帯がこれ以上ないほどぴたっと帷子としてはまってるのが素晴らしいなと思いました。

ume2021268.jpg
こちらYOGOさんの後を継いだ(31日分)YASSさんのトールさんです。
きっちりトレンドを抑えてくるスタイルですね。
キャラモノで惹きつけ、中まで見せるという。

ume2021270.jpg
ちゃんとハロウィンネタも仕込んでいただいてました(笑)

ume2021271.jpg
メインはこっちですね。
ゴールドパーツが神々しく、ベースが何か聞くの忘れてましたがレゴはこういう多様性もあります。

ume2021273.jpg
積分の僕にはどうしても理解できませんがいろんな可能性が感じます。
これぞ展示会の醍醐味です。

ume2021233.jpg
紙紙さんの作品群。
いっぱいありすぎてコメントが追いつきません・・・確かコミケだったかでも同人誌売ってるので詳しくはそちらを参照してください。

ume2021234.jpg
31日ぱぢるさんの後を継いだ(わけではないですが)YOSSYくんの卓です。
もう小学生がたまるたまる(笑)

青い電車が目立ってますが他にもパズルや遊べる作品がいくつかあり、大人気でした。

ume2021288.jpg
その鬱憤を晴らすかのようにトレイン島で青い電車を爆走させていたのはいい思い出です(笑)

ume2021148.jpg
2階の目玉とも言って良い阪大レゴ部KENくんのルービックキューブマシン!
30秒ほどでサクッと組み上げるのはどういうプログラミングしてるのか、また組んだ本人はそんなに早くできるのか。
次回ガチンコ勝負ありで!

ume2021149.jpg
ヒロくんの振り子時計。
どうなってんの?みたいことを言ってる来場者さん多数。
凡人には理解できない域の作品であることは間違いありません。

ume2021117.jpg
1階いきまーす!kumarkeyさんのテーブルです。

ume2021113.jpg
フィグ乗りにこだわった作品(そうでないものもあり)が特徴的な作品は子どもたちにも大人気でした。

ume2021202.jpg
しかも30日の朝にKBS京都が取材にきてくれて・・・そう紹介されたんです!!出たんです!!(おばけではなく)

norimart.jpg
噂のnorimart。

norimartinside.jpg
ものすごい作り込みのフレンズ作品ってそんなの見たことないでしょ?
それが梅小路では見られたんです。

norimartinside02.jpg
女の子はみんなかぶりつきです。

norimart01.jpg
細部にまでこだわった作りは1シーン1シーンがドラマチックな展開で見ていて飽きません。

ume2021122.jpg
たにえんくんのリモコン戦車がまた大人気でした。

ume2021200.jpg
それだけでなくたにえんくんのヘリコプターはニュースにも流れました!!!

ume2021091.jpg
ミリ卓は小さく見えて見応えのある内容でした。
来場者の食いつきもよく、たいてい「こんなの売ってるんですか?」という初手の質問だったように思います。

ちなみにチケくんが前日設営を一人でがんばってくれました。
僕は荷物運んでくるだけで精一杯だったのでほぼ一人でテーブルを用意してくれたという・・・ありがとうございました!!

ume2021196.jpg
その甲斐あってか、ニュース映像では一番はじめに、きっとこれまでで一番長いこと映ってたんじゃないでしょうか。
ミリタリー系はレゴ社の製品でないということのみならず、題材が題材なのでメディアではなかなか映りづらいという事情があり。
そのへんKBS京都という地方局であり、またカメラマンさんがそうした偏見のない目で見られる方だったので、レゴブロック展示会のニュース自体、今まで一番ちゃんと報道されていたように思います。(僕の知るかぎり)

ume2021094.jpg
中を走る凸電がまたよい・・・ちゃんとトンネルまであってジオラマとして優秀なのが見てて楽しかったです。

ume2021229.jpg
とここで大変残念なお知らせです、shintaroくんの作品、これしか撮ってなかったようです。
全部撮ったはずだったのになんでや・・・クルマの話を聞いてたのでそっちに気がいってただけだと思います。
クルマも熱いですからね!!

テーブルとしてはミリ卓の横のミリ&4wlcという感じでしたがこちらも食いつきはよく、ローテーブルに置かれた作品は子どもたちがきっちり遊んでましたw
作品にはさわらないが基本ですが目の前にあったらさわらないわけがなく(笑)

pannyaduplo.jpg
デュプロトレインはもっと流行ってもいいと思うんですがみんなまだまだ。
そこにぱんにゃさんの登場。
本気です!すごいです!めちゃくちゃすごいです!ぱんにゃさんのデュプロトレイン!!

pannyaduplo02.jpg
おわかりいただけるでしょうか、この愛あふれる作品群を。

pannyalegoland.jpg
さらにレゴランドへの愛も深く・・・

ume2021199.jpg
なんとテレビにも紹介してもらえました!!

ume2021126.jpg
レグリスくんの卓っ

ume2021127.jpg
一見、ジョーカーのブリックヘッズなのかなと思ったらSEKAI NO OWARIのブリックヘッズということで。
なんでしたらQRコードからレグリスくんをフォローしてあげてください!

ume2021131.jpg
こんなのとか

ume2021129.jpg
こんなのとか。

このほかにもリモコンで動くRCカーもあって子どもたちに人気でした。

ume2021219.jpg
30日はkumarkeyさん、31日はくれぽんリーダーという入り口入ってすぐの卓。
正面に高さのある展示があると目を引くのでここにさせてもらったのはここだけの秘密です。

ume2021238.jpg
出展者との会話もはずむレゴロボ談義。
今回なぜかレゴロボ多かったんですよ、なぜかはよくわかりませんが。

ume2021224.jpg
出展者(この場合、大人)のレゴロボが多いってことは子どもも関心あるわけです。
初っぱなからがっつり説明を求められるくれぽんリーダーでした。

ume2021166.jpg
立命館大学レゴ部は4wlc祭りですよ!!
新しいロードプレートパーツ使った高速道路ですよ!すごいインフラですよ!
(ただし地震で前後崩れた設定・・・ではなく切り取り)

ume2021162.jpg
ガソリンスタンド、高架下とよく作り込まれてますが基本全部カスタムカーってあたりが4wlc(笑)

ume2021164.jpg
手前になんか懐かしいのがありますがレゴタウンの中の未来カーって最近あんまりないですね。
こういうのとは別に各自動車メーカーの主要車種だけでも一体成型で出てこないかなと思います。
もちろんトミカの領域になるわけですがそこはレゴですから、フィグ乗りの。

ume2021225.jpg
来場者は何も子どもばかりではありません。
質問するにも老若男女関係なく、しかもそれに答えるビルダーっていうのが普通の展示会と違って距離感が近いんですよね。
これはレゴ展示会あるあるというか、個人的には好きな部分です。
ゲージュツカ先生とおいそれとは話せませんからね、普通。

ume2021176.jpg
自筆の表札がカッコイイ、ホレスくんのデザイナーズハウス。
作品としての建物って最近押され気味な気が・・・しかも家となるとなかなかないんですが、僕自身も元々はこちら側です。
理想の家をレゴで作る!そして実際に建てる・・・ところまでいってないのがリアルすぎますが。

ume2021171.jpg
木がテラスの屋根をぶちやぶってるとか、そんな家実際には難しいですがレゴならありです。
現実だとここは間違いなく車庫になってしまって木がこの位置だと邪魔ですし(笑)
小さい明かり取りの穴がいっぱいある2階もステキです。

ume2021106.jpg
エースくんパパさんのアベノハルカスとショート近鉄自動運転、他にも迷路とか。
とにかくショート近鉄の自動運転はものすごいことやってるんですが、短い路線ということもあって気づいてる人が少なかったのが残念です。

ume2021046.jpg
30日の午前中にはパパさんもいて来場者さんの対応されてました。
ぽんっと置いておくだけでなく来場者さんと話せるというのは展示会の大きなアドバンテージだなと。

yakushiyamamu-min.jpg
薬師山さんのムーミン谷の仲間たち。
よく出てくるキャラクターはまあなんとかわかりますが後ろのほうに行くとどんどん難易度があがっていくというクイズ形式の展示です(違)。
ムーミンの家のでっかいのはいつか作りたいなと思ってますが製品で出てくればそれでいいんですけど、なんとかなりませんか?レゴ社さん(笑)

yakushiyamanarrow.jpg
ナローゲージですよ!!ナローーーーー!
(ただしレゴ社の製品ではありません・・・)

出してくださいよ、ナローゲージ、オフィシャルで。
絶対需要ありますよ、めちゃくちゃいいいんですよ!

ume2021100.jpg
オフィシャルでないので現状ポロリも多発、勝手運用は厳しそうですがそれでもナローは魅力的です。

yakushiyamacar.jpg
素敵なヨン4幅車群も!
カーブスロープのおかげで4幅車でもすごい表現力アップしてますよね。

ume2021011.jpg
さぁてようやく奈良へ・・・いやトレイン島へ。

ume2021096.jpg
あきもせず京都駅ジオラマですみません。
でもね、これがあったので今回テレビでも紹介してもらえたというか、紹介しやすかったのは間違いないと思います。

kyoto02.jpg
ほらほらー

kyoto01.jpg
京町家も絵になりますからテレビうけはいいはず。

ume2021081.jpg
エースくんのはるかは当然駅裏で。

ume2021083.jpg
117系も動かしてはないですが置いてはありました。
わかる人にはわかる系。

ume2021084.jpg
子どもウケを狙ったキャラクターものも置いてましたが取材が来た時にはまだなかったのでテレビには映りませんでした。
意外とチャギントンのウケがいいんですが”チャギントン”は番組名で赤いのは”ウィルソン”ということで覚えてください。
後ろにいるのは隠れキャラのメイビス(ただし顔はなし)。

ume2021254.jpg
個人的に一番びびびびびびびっときたのはこれ、ちゃんと写真撮れてませんがダブルデッカー!!
しかも3連ですよ・・・いったいいくらなんだよ・・・めちゃくちゃ状態いいよ、これだけでご飯食べられるレベルの!

かいくんが譲ってもらったのをPU化して走らせてくれてました。
レゴジャパンの方、こういうのは見に来ないといけません。
ほんとにね、貴重な車両も出てくるんですよ。

ume2021256.jpg
京都の街にもよく似合います。
新快速もかっこいい!!

ume2021179.jpg
でもね、今回の展示会のメインは新作の「奈良」だったんです。
おわかりいただけると思いますが、鹿ですよ、鹿!
もちろんトナカイバトルパックのあれですが、この一枚で投資分は回収したような気がします。

ひのとりはエースくん作(にしならくんも作ってたはず、2編成でもよかったんじゃ?)です。
これだからやめられない展示会(笑)←合作というか

ume2021007.jpg
最後にもう奈良の風景をお楽しみください。
横の留置線にも注目。

ume2021228.jpg
一昨年デュプロ展示会の時に作った顔出しパネルも梅小路展示会くらい人が来てくれると大活躍です。
トーマスと車掌さんと二つあったんですがどちらも人気でした。

今時期プレイエリアとか作れないのでこういうちょっとしたお遊びでも楽しんでくれればそれが一番だなと。

ume2021024.jpg
最後になりましたが今回来場者数は一日目が200人弱、二日目が350人強くらいでした。
KBS京都で流れた影響があったかどうかはわかりませんがコロナ禍の展示会、それもみんなに来てねーと宣伝できない中、健闘したほうだと思います。
数字自体は今回も来場者リストに記入してもらってましたのでそれを元にだいたいの数字をあげてます。
よってほぼあってるはずですが感覚的にはもっと来てたんじゃないかなと。
というのは一旦外に出てまた入ってきて見学という人も少なくありませんでしたし、レゴが好きな子は回遊魚のように何度も何度も見てましたので。

去年も今年も半ば展示会を強行しているような印象があるかもしれませんが、感染防止対策をしっかりしてルールを守った上での展示会を開催しています。
開催したところで大赤字ですし、それならやるなよと言う人も少なくないでしょう。

ただ展示会という発表の場であり、交流の場がないというのは子どもたちにとって大きな機会損失です。
しかも何年もやってなくてようやく再開ということでは子どもたちの興味が他に移ってしまって、これまでの繋がりが失われてしまいます。
それは大事に育ててきた木に何年も水をやらないでいるのと同じくらい、あってはならないことです。

子どもを例にあげてますが大人でも同じく。
刺激を受けない日々が何年も続いてボケないはずはなく。

しかし久しぶりのイベントで僕自身いろいろ忘れてしまってるし、あれもこれも持ってきてないとかひどい状態でしたが、ひとまず終わってホッとしてます。
それももう1週間も前だなんだなんて、なんと時間の流れの早いこと。

そろそろ予算もなくなるので無理ができなくなりますが、来年春あたりにはまた開催したいと思いますので、ぜひまたみなさんご来場、ご協力をお願いいたします。



posted by かう゛ぇ at 14:49| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

第5回レゴブロック展示会 in 梅小路 本日開催!(明日31日も開催!)

FC1WuL8aAAAg0An.jfif
そんなわけで2021年10月30日(土)31日(日)の二日間梅小路公園緑の館にてレゴブロック作品の展示会を開催いたします!!
諸事情あってチラシ配ったりもできていませんが頑張ってやっていきたいと思います!

楽しいのでぜひお越しください!!
posted by かう゛ぇ at 00:19| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

「RANDEN GALLERY」 9月19日(土)〜27日(日)

randeng01.jpg
2020年9月19日(土)〜27日(日)の9日間、嵐電嵐山駅3Fスペースにて「RANDEN GALLERY」のほうに関西LT会として出展させてもらいましたのでそのレポートをお送りいたします。

嵐電というと毎年嵐電フェスタに出展させてもらっていますが、今回もその縁で声かけしていただきました。
嵐電嵐山駅ということもあり、エースパパさん作のレゴ嵐山駅を持ってくればいいんでは?という話もさせていただいたんですが、嵐電大宮駅に常設のものを移動させるのが大変だということで、関西LT会にあらためてご連絡いただいたというような次第です。

randeng02.jpg
レゴトレインいっぱいというのが理想的ですが、今回デュプロトレインベースのレゴトレインをメインで展示してきました。

randeng03.jpg
あおつきさん作のパト電、さらに薬師山さん作のミニ嵐電キットなどの展示もさせてもらいました。
(本来はこちらがメインのはずだったんですが・・・)

randeng04.jpg
いつもはマツタケ所長作の市バスがメインですが、今回は薬師山さん作の京都バスも何台か置いてあって、京都らしいバスまつり状態。
これにはいろいろな事情も(笑)

randeng05.jpg
大宮駅をメインに京都のメインストリートである四条通っぽく並べました。

randeng06.jpg
当初テーブル2台のみ(45x180cmの会議テーブルが2本)ということでしたので作品を並べるしかできないかなと思っていましたが、最終的に4本分(90x360cm)のスペースで細長い展示となり、よっぽどレゴトレインをサークルでまわそうと思いましたが、前述のように今回はデュプロトレインの往復運転でした。

randeng07.jpg
これは四条通に沿って走る細長い嵐電嵐山本線らしさを出したかったのと、ここです、この嵐電が京都の街中を行くところを見てもらいたかったというのに尽きます。
ここってわかる人にはわかるシーンだと思われ、現場にいたら

 「ああ、そうそう、ここここ」

って言う人が絶対いたんじゃないかと。

randeng08.jpg
走らせていたのはデュプロトレインですがデュプロトレインの腰の低さは路面電車にはよくあうように思います。
ぱんにゃさんの路面電車でないデュプロトレイン作品もあるので一概には言えませんが、嵐電の表現としては悪くないと。

randeng09.jpg
これとはまた別に屋上でもイベントできないかなぁと考えています。
実際どうなるかはわかりません。

でもこういうのがあると準備も撤収も大変ですけど、レゴを趣味にしてて良かったなとつくづく。

今後もまたいろんなイベントに参加していければと。
posted by かう゛ぇ at 12:52| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

レゴブロック展示会内内 in 梅小路

front.jpg
2020年8月22日(土) レゴブロック展示会内内 in 梅小路が開催されました!
このご時世にイベントなんか!という意見もあると思いますが、そういったことも踏まえて・・・。
そもそも会場は京都市の施設ですので守るべきルールがあり、さらに出展者ならびに来場者には万が一の際の連絡先を記入していただいたうえで検温、消毒してから入場という、きっと今までで一番感染防止対策を行ったレゴブロック展示会だと思います。

ということで作品紹介をしようと思ったんですがあえて文字情報なしで写真だけを並べておきます。

hana01.jpg
フォレストマンの車という、このアイデアが面白いとNoriさんが絶賛してました。
フリントストーン的な世界観が見えてきます。

hana02.jpg

hana04.jpg

hana05.jpg

hana06.jpg



ho01.jpg
デザインハウスだけでもイベントしたくなるような

ho02.jpg

ho03.jpg


4wc.jpg
4幅車の広がりってすごいなとあらためて


iku01.jpg
いい意味で期待を裏切らない作品群

iku02.jpg

iku03.jpg

iku04.jpg


kure01.jpg
さすがのまとまり、子どもにもウケてたのが印象的でした

kure02.jpg

kure03.jpg


no00.jpg
一休み一休み



kami01.jpg
ロボ作品がメインなのに時折おもしろいものがまじってました

kami02.jpg

kami03.jpg


no01.jpg
今回初フル展開のフレンズスーパーマーケット
スーパーマーケットとしては既出ですが駐車場まであるのは今回がはじめて

no02.jpg

no03.jpg

no04.jpg



pannya.jpg
めちゃかわいいです
うちの阪急も持ってきて並べればよかったなとか

pannya02.jpg



fabulandume01.jpg

fabulandume03.jpg

fabulandume02.jpg



tm01.jpg
かっこええ
ほぼ同スケールなので左右にわかれてむきあってるとかのアングルも撮ればよかったなと

tm02.jpg

tm03.jpg


tm04.jpg


ra01.jpg

ra02.jpg


ra03.jpg



ya01.jpg
ナロー島すごーい

ya02.jpg

ya03.jpg



kyotosta00.jpg

kyotosta01.jpg

kyotosta02.jpg

kyotosta03.jpg

kyotosta04.jpg


117.jpg

11702.jpg

11703.jpg


全部撮れていないかもしれません、すみません。
というのも意外と来場者が多く、またやることが多くて僕自身はゆっくりできなかったという事情があります。

例年からすると1/7〜1/10くらいの来場者数ではありますが、事前に予想していた来場者数からすると倍ほどと決して少なくはありませんでした。
ほんとにありがたく、また出展者同士での交流もほどよくできてとてもいい展示会になったと思います。


作品自体もレゴロボ、ファンタジー、モダン建築、4WC、子どもの作品にUFOキャッチャー、そしてレゴトレインとバラエティに富み、来場者の口からも、

 「すごいなぁ、楽しかったなぁ、良かった」

と言った声があがっていました。

どんな時にも”楽しい”っていうのは必要なんだと実感しました。
マスクの向こうにも笑顔があります。


イベントを企画するのは、少なくとも日程を告知するのは難しくはありません。
ただ楽しみにしていたイベントがなくなった時、目指すべき甲子園という目標を失った高校球児のような、またオリンピックが延期されてどこに気持ちを持っていけばいいのかわからなくなったオリンピック選手並の喪失感があります。

企画した以上、楽しいことを遂行するというのもまた責任だと思います。
今回ちゃんと感染防止対策をしたうえでの開催することで、イベントが悪ではなく、これだけやればできるという実績にもなればと考えました。

そのためにみなさんには連絡先を記入してもらったり、検温までして、ほんとにご迷惑をおかけいたしました。
しかしおかげさまで安心して見られる展示会になったと思います。

早くに落ち着いてくれることが一番ですが、今のような状況であってもまたこうして展示会ができればなと思っています。
そのときにはまたご協力ください。


とても楽しい一日になりました。
ありがとうございました。
posted by かう゛ぇ at 16:15| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

京都美風「琵琶湖疏水〜京都の近代化産業遺産 完成130年〜」

なんでもかんでも自粛ということになってしまって昨今ほんとにつまらなくなってますが、そんな時に唯一生き残ったイベントが今回の京都美風「琵琶湖疏水〜京都の近代化産業遺産 完成130年〜」でした。
レゴのイベントではないので行ってがっかりした・・・と言われても困りますし、それこそ感染したとかになるとさらに困りますので、ちゃんと十分な対策と自己責任と自分で交通日払って見に行ってください。
ただし入場料も拝観料も税金もいりませんのでゆっくり見ていただいて。

kyotososui01.jpg
場所は京都駅の2階になります。
駅中央より若干右寄りの大階段をあがったところ、伊勢丹入口前にパネル展示メインで会場が作られています。

kyotososui02.jpg
入り口はこんな感じでインフォメーション前から入るようになっていますが、改札側もオープンになっていますので普通に往来される方が当たり前に見られる場所です。

kyotososui03.jpg
レゴで作ったジオラマはインフォメーション側から入るとついたてのすぐ裏側になり、逆に見えないんですが電車から降りて(新幹線も含め)7条のほうに抜ける人にはパッと目につくようになっています。

kyotososui05.jpg
メインは右上にあるポンプ室と奥に見える水路閣です。
前に広がる京都岡崎はだいたいの位置関係と京都らしいジオラマにするためにあるあくまでおまけです。

kyotososui06.jpg
インクラインもあり、その前を通る道まで再現しています。
じつは噴水もつける予定でしたがタイトなスケジュールに忙殺される形ですっかり抜けてしまってました。

kyotososui07.jpg
個人的に結構力を入れた動物園ですがメインが後ろなのでまったく目立ちませんw

kyotososui08.jpg
薬師山さん作のインクラインに𝐊𝐌𝐚𝐫𝐭𝐰𝐨𝐫𝐤𝐬さん作の文字通りねじりまんぼをねじこんでます。
なんか青い車が無理な追い越ししようとしてますが、どうもあとでショーケースをつけてはずしてした時にずれたままになってるようです。

kyotososui09.jpg
青空の背景もつけてもらったのでこうやって見るとちゃんとしたジオラマに見えるのがポイントです。
後ろの台座になっている山と岡崎の木はエースくんパパさん作です。
部分的にでも作り込んであると突然ジオラマのレベルがぐぐっとあがる好例ですね。

kyotososui10.jpg
メインの𝐊𝐌𝐚𝐫𝐭𝐰𝐨𝐫𝐤𝐬さん作のポンプ室です。
先方の指示ではこれを横向け(それもショーケースの側面に後ろがくるように)という指示でしたが、作品の良さが伝わらないのでこの配置にしました。
右端にレイアウトされているので目立たないかなと思いましたが、インクラインからの視線の動きにあわせて見えるので自然な感じで、実際とは違いますがよく見えます。

kyotososui12.jpg
いい写真がなくて恐縮ですが今回も関西LT会らしく電車が走っています。
薬師山さん作の京都市電です、しかも2両。
なのに京都駅ではパネル展示メインということでちゃんとモーターが仕込んであって動かせるのに動きません。
動いてたら間違いなく大人気なんですが・・・

kyotososui11.jpg
ポンプ室、水路閣、インクラインに京都岡崎と実際の地図とは位置関係が違いますが、今回ものすごい勢いで企画から制作までやったわりにはよくまとまったと思います。
直前にレイアウト変更を提案があってそれに従って変更までして、とにかく間に合わせるのにあっぷあっぷでした(語彙力)。

札幌のJRタワーもかなりタイトだなと思いましたが今回さらに時間がなく、しかもコロナウィルス騒動の渦中でパーツがちゃんと届くのかどうかがほぼ賭けみたいな状態で作り上げました。
ぜひ多くの方に見て頂きたい・・・のにまだまだ騒動がつづいていて落ち着きませんが、もし京都駅にお立ち寄りの際にはぜひ!

kyotososui20.jpg
ところでパネル展示の裏にはレゴ京都駅の案内板がありました。
こちらも何年か前に地下1階から7階への移設を関西LT会で手伝わせてもらったのでいろいろ感慨深く、ぜひご覧になってください。

ohagi01.jpg
レゴ作品を見たあとは烏丸通を北に七条通まで行って左に折れると松屋というお菓子屋さんがあります。
こちら元々干菓子の店だと思うんですがなぜかおはぎが評判で、のれんも屋号ではなく”おはぎ”になっているという手の入り用。

ohagi02.jpg
こぶし大のおはぎが2個で660円とそこそこリーズナブルなのでこれまたおすすめです。
冬なら常温でオッケーですが他の季節は冷蔵庫で冷やして食べるとおいしいです。
posted by かう゛ぇ at 15:15| 京都 | Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

#エア梅小路レゴ

ume401.jpg
2020年3月15日(日)に開催予定だった第4回レゴブロック展示会 in 梅小路(主催:関西LT会)は国のイベント自粛延長要請を受けて中止となりました。
めちゃくちゃ残念でしたが国の要請で、しかも会場は京都市のもの、さらに京都市教育委員会の後援、京都市交通局の協力をうけて開催でしたのでそれでも開催という判断は難しかったです。

中止のお知らせ.jpg
ただ事前に子どもたちに対して告知していたこともあり、折角ならと考えたのが #エア梅小路レゴ というタグを付けて盛りあがるSNS上の一日限定展示会でした。
当日リアル梅小路の会場前には中止の告知と共に”エア梅小路レゴ”で検索して楽しんでもらえるように貼り紙をしてもらいました。

https://twitter.com/search?q=%23%E3%82%A8%E3%82%A2%E6%A2%85%E5%B0%8F%E8%B7%AF%E3%83%AC%E3%82%B4&src=recent_search_click&f=live
#エア梅小路レゴ で検索すると数々のビルダーの作品を見ることができます。

一つ一つの作品にコメントできていませんが思った以上に参加者が多く、ジャンルもポスターのトップ画像になっているNoriさんのフレンズスーパーマーケットはじめ、Na-Gaさんのバイオニクル作品、さらに海外のジュネさんのかわいい作品、いつものナンパな人とか、小学生の作品、もちろんトレイン作品まで数限りなく。
おかげさまできっと今までで一番盛りあがった展示会になりました(独自調べのレゴ限定)。

リアル梅小路展示会は中止となりましたが間違いなく世にあふれる不安を駆逐するに足る熱量に胸アツ、感謝感激あめあられでした。
みなさんの協力に感謝すると共にネット展示会の可能性を感じることができました。
今後またオリジナル新作限定とか、子どもの作品限定とかで開催してもいいなと思いました。

ご協力本当にありがとうございました。
またご覧いただいた方はぜひ個々に感想コメントを送ってあげてください。
きっと喜んでもらえると思います!

ということで次回はいつ開催できるかわかりませんが、もうちょっと世の中が落ち着いたらまた開催したいと思いますのでよろしくお願いいたします!

fabuland01.jpg
ちなみに僕はいつかこんなのを出展できればと思っています。

fabuland02.jpg
はたしてこれが世に出ることがあるのかどうか(笑)
posted by かう゛ぇ at 11:52| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

第22回 PTAフェスティバル

PTA01.jpg
PTAがやってるお祭りなんて手作り市の親戚のようなものというイメージですが、京都市PTAのPTAフェスティバルはそのイメージを覆すに十分なインパクトがあると思います。

・・・という口上は昨年とまったく同じですが、今回は会場がみやこめっせではなく京都国際会館に移りました。
(元々国際会館でやってたので戻っただけですが)
面積自体がみやこめっせよりも狭いということもあって、ブースをへらされ・・・たわけではなく、もう1ブースくれと言ったんですが叶わず昨年とブース面積自体はほぼ一緒です。

そこに昨年同様LTF(LEGO Technic Force)と関東からLEGO平民さん率いるクリエイターキャラバン、その脇に関西LT会という感じで展示をしてきました。

PTA02.jpg
今回いちぽっちくんが仕事で出られませんでしたので、まずはLTFのgenicちゃんの作品から。
テクニックというよりメルヘンな感じですが、中身はテクニックが詰まっていて動きます。
小学生が作るレゴとしては最高峰なのは間違いなく、それを女の子が作っているので主に大人が驚くというシーンが多かったです。
同じ小学生からはすごくない的なことを言われたということでしたが、普通の家庭でgenicちゃんレベルの作品が作れるとしたら見せてほしいです(笑)
それくらいすごいです。

PTA03.jpg
動画取り忘れましたがレバーをまわすことでぴょこぴょこと飛ぶうさぎのおもちゃです。
はじめgenicちゃんが手回ししてましたが、あっちいって戻ってきたらカツマタくんの手により電動化されてました。
きっとカツマタくんにとっては小手先の技なんだと思いますが、アイデアと実行力、しかもそのセンス(パーツセレクトも)と全部がこれ以上ないくらい絶妙でした。
素晴らしい。

PTA04.jpg
昨年に引き続き、LEGO平民さん率いるクリエイターキャラバンの展示です。
PU化されたホグワーツエクスプレスがレゴの街を走り抜けるといった趣向になっています。
それもビデオカメラを積み込み、タブレットで街の風景を見られるようになってました。
ただしPUユニットは端末との接続が切れると止まってしまうので、コントローラーであるスマホがサスペンドすると止まるという、なかなか厄介な仕様で悩むことに。
赤外線方式のPFについては信号を送った時に発進、停止ができるので電池も食いませんし、有効だと感じました。

PTA05.jpg
京都市PTA連絡協議会の会長である植松さんも展示を見に来てくれました。
京都市長も視察に来られてましたが多忙のため、ささっと見て登壇の準備に向かわれたので写真を撮れませんでした。

PTA06.jpg
こちらもクリエイターキャラバンの展示でユニバーサルジョイントによって拡張できる動く鉱山です。
もちろん鉱山が動くわけではなく、採掘現場を再現しているという趣向です。

PTA07.jpg
虎吉くんのこちらもユニバーサルジョイントで動く奴隷ロボット。
個人的にはこの作品が今回の展示の中で一番楽しく面白いと感じました。


動画

PTA08.jpg
こちらはLFT カツマタくんのGBC展示。
昨年に引き続き2回目ということは京都での展示も2回目。
子どもも大人もかぶりつきで見てました。

PTA09.jpg
前日にもテレビに出ていた関西のスーパーアイドルビルダーKENくんの紙飛行機製造機Ver2.0とピンボール。
きっと来年あたりにはファンクラブもできてそうな勢いです。

茶化しているように思われるかもしれませんが、茶化している以上に実際草の根的な活動をするアイドルビルダーというのは必要だと思います。
関西LT会で言えばエースくんという看板アイドルがいるように子どもたちにとって憧れのビルダーというのは今後レゴブロックが広がっていくうえでなくてはならない存在です。
仮面ビルダーしかり。

PTA10.jpg
いつもの関西LT会の展示です。
場所柄、京都タワーは欠かせず、かといって展示スペースが会議テーブル2本分でしたので京都駅を持ち出すことができずに京都タワーのみの展示となりました。
意外とウケがよかったので(写真を撮ってくれる方も多く)Fabulandより良かったかなと感じました。

PTA11.jpg
昼から(いや、もう終わる寸前になってましたが)エースくんも参戦。
エースくん写ってませんが、それでもエースくんが来たことがわかるってすごいです。

PTA15.jpg
夜はその流れで肉会。
関西LT会の忘年会も兼ねており、最終的に総勢17名が集結。
めっちゃありがたかったし楽しかったです(笑)

PTA16.jpg
そしてお約束のまんが盛り。
肉会の何が楽しいってみんなでわいわい食べて話せる楽しさだなと。

ume401.jpg
今回のPTAフェスティバルでも来年の3月15日(日)に開催のレゴブロック展示会in梅小路のチラシを配布してもらいました。
そんなわけで来年の梅小路も盛りあがること間違いなし!
posted by かう゛ぇ at 11:55| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

阪大まちかね祭2019 いつものなど後編

itumono.jpg
さて後編はいつものから紹介していってみたいと思います。
いつものといえばいつものです(笑)

来場者の方が、

 「ああ、ここは毎年のあれ」

と連れの方に紹介していたのが印象的でした。

ええ、いつものです。

アイアンジャイアントキャッスル01.jpg
やもさんの新作というか、以前作っていたお城を動くようにしたもの。

アイアンジャイアントキャッスル02.jpg
がしゃんっと押すとお城がアイアンジャイアントキャッスルになるというギミックがついています。

かなり面白いです。

やもさん曰く、

 「手が伸びるわけではないので攻撃に活かせない」

とのことでしたがお城が生きている感じがよくできてました。

スーパーマーケット01.jpg
後編のメインディッシュ、Noriさんのフレンズスーパーマーケット。

スーパーマーケット00.jpg
11月2日の朝にはまだ台風の後ということで棚がすっかすかでした。

スーパーマーケット07.jpg
しかし3日目ともなると生鮮食品の売り場も入荷があり、大根の安売りも行われてました。

スーパーマーケット06.jpg
パンコーナーやおにぎり、お惣菜コーナーにも当たり前に品物が並んでいます。

スーパーマーケット05.jpg
カラフルな生鮮食品売り場はフレンズスーパーマーケットならではの風景。

スーパーマーケット03.jpg
パンは常に焼きたてを提供しており、こだわりの高級スーパーであることがわかります。

スーパーマーケット09.jpg
レジも混雑していましたが、手前のレジは休止中。
これはフレンズワールドには遊び人はいても労働力が極端に少なく、人手が足りていないためとのことでした。

しおぽんさんのモジュール化を参考にしたというフレンズスーパーマーケットは今回一番の力作でした(チームおじさん)。
ただ来場者の方の目線にひっかからない高さだったため、意外と見落としてる人が多く、スーパーののぼりまで実寸で再現したほうがよかったかなとか思いました。
もちろん他力本願です。

京都駅前ジオラマ03.jpg
僕自身は今回あえてFabulandではなく京都駅前ジオラマを展示していました。
Fabulandの新作がなく、また意外と展開、撤収するのに時間がかかるということで、鉄道イベントにさくっと持ち込み設営、撤収ができるように組んであった京都駅前ジオラマにしました。

京都駅前ジオラマ02.jpg
一体成形のパーツが多いFabulandは毎回「簡単な子ども向け作品」という印象から見てもらうのにかなり説明を要しましたが、今回ポップも用意したし、京都タワーというまさにランドマークを見ればそのまんまということでFabulandよりも一般ウケはしてました。

京都駅前ジオラマ04.jpg
ただ三日目には通常フィグからFabulandフィグに置き換えて前半とは違った世界観を演出・・・したつもりだったんですが”なんかへんなのいる”くらいにしか見えなかったようで、まあいいんです、そんなもんです(笑)
一番の見所は何気に駅前で歓迎の演奏をしていたFabuland楽団です。
あくまで自己満足の範囲ではありますが・・・

京都駅前ジオラマ01.jpg
次があれば”大阪”大学の名に恥じない、いや、せめてTPOをわきまえて大阪のどこかのジオラマを作れればなと思っています。
店もいっぱいあってごちゃごちゃした感じということだと高槻駅周辺とか、モノレールと接続している南茨木駅あたりかなと。

京都駅前ジオラマ117.jpg
今回広さの関係でトレインを動かすことはありませんでしたが、117系新快速シティライナーが地味に人気でした。
昭和の京都駅は鉄ヲタといえどももう過去の駅なので”ふーん”くらいの反応しかありませんが、117系新快速といえば鉄ヲタなら知ってる車両なので駅作品以上に撮影してもらっていたのが印象的でした。


クリスマスツリー.jpg
最後はやもさんのクリスマスツリーで。
何年か前に作ったものだということでしたがこれからの季節はやはりこれで(笑)
posted by かう゛ぇ at 15:12| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪大まちかね祭2019 合作など前編

合作05.jpg
阪大まちかね祭2019に行ってきました(出す側)。
先に断っておきますが今回とても刺激的な内容が満載です。
まず写真の道頓堀合作ですが昨今流行の高解像度作品とはまた違ったざっくりとしたものですが、そのざっくり加減が絶妙で、もしかすると過去最高傑作かもしれません。

合作02.jpg
とくに裏のカールおじさんのデキは秀逸で、パーツセレクトの妙に尽きると言いますか、おおっと声をあげるほどのデキでした。
看板については一回生ががんばったということを耳にしましたので、これからがとても楽しみです。

合作03.jpg
実際にはないということでしたが”うどん”の看板もとてもいいと某ナンパな方がおっしゃってました。
僕もとてもいいデキだと思いますし、実際ないものをそれっぽく工夫して見せるというのが素晴らしいと感じました。

合作06.jpg
とんぼりリバークルーズというクルーズ船を再現しているところも見逃せません。

合作04.jpg
動くというギミックが仕込んでありましたが、無理に動かすよりも白波を表現するだけでもよかったかなと思いました。

合作07.jpg
またかに道楽の看板も動く、さらに写真撮り忘れましたがドンキホーテの観覧車も動くと”動き”を取り入れた展示というのも良かったです。

建物作品.jpg
合作ではなく部員の作品としての建物作品も出ていましたがこちらもいいデキでした。

バイク.jpg
ランドローバーの組み替え作品のバイクも可能性も感じさせる作品でした。



飴.jpg
UFOキャッチャー系が増えたというか、3点ほどありましたがその一つ。
いろいろ遊べる展示が多かったのも今回混雑していた原因の一つだと思います。

”テレビの人”と称されるようになったKENくんの紙飛行機製造機なども大人気でした。

ジェットコースター.jpg
製品の延長ではありますが要メンテナンスのジェットコースターもウケがよかったです。
よく止まってましたがすぐにメンテナンスして対応ということをやってました。

ハンド.jpg
運ばれてきた時に中指が折れていたマドハンド。

ハンド1.jpg
修復後はこんな感じでした。
短い製作期間でこれだけのものをさくっと作り上げてしまう栗井くんの才能は本物だと思いました。
なんといっても作品自体がアーティスティックというか、そのうち壁画とか作ってくれれば阪大のバンクシーといってもいいと思います。

仮面ビルダー.jpg
入場整理係として大活躍だった仮面ビルダー。
だんだん悪役が板についてきたというか、また子どもが泣いてたのが印象的でした(笑)
それにあわせたように廊下は暗く、次回以降は仮面ビルダーがギャバン並に発光してくれることを願うばかりです。


そんなわけで混雑していた入り口付近にあった部員の作品のいくつかが写真が撮れず、紹介できませんでしたが全体的に今までよりも2ステップくらいあがってきているように感じました。
レゴ部自体の歴史が長くなってきて当然どんどん卒業していく部員もいる中で、作品のクオリティを保つというのはなかなか難しいというのはどこも同じだと思います。
そこでまた新たな可能性を感じられるというのはある意味新鮮で、レゴ部というのも生き物(なまもの?)なんだなと思いました。
posted by かう゛ぇ at 14:28| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

デュプロブロックの世界展 2019年8月17日(土)

デュプロ.jpg
2019年8月17日(土) 京都市国際交流会館にてデュプロブロックの世界展を勝手に開催してきました!

デュプロとしてはきっと日本初、もしかすると世界で3番目くらいのイベントになります。
と言ってもデュプロ作品というのは接合力が保持できず、壊れやすいということから作品の展示会というよりも製品を並べてみる的なイベントであったことをまず先にことわっておきます。

d20190817006.jpg
開始早々あおつきさんによるデュプロタワー爆誕!
接合弱々どころかくっついてなくて積み上げてるだけです。
でもこれがデュプロのマンパワー!

d20190817002.jpg
サクッと会場の様子
今回カーペット持って行かなかったので(もう載らなかった)テーブルそのままですが、デュプロでいっぱいになっているのがわかると思います。
薬師山さんのハイブリッドトレインが違和感なく、そしてただ製品を並べただけという感じを払拭しています。
真ん中にそびえるのも薬師山さん作のデュプロフレンズホテル。

そして右奥には僕の力作顔ハメパネルが!さらに隣の島ではエースくんの蒸気機関車(レゴトレイン)が走ってました。

d20190817003.jpg
あおつきさんによるかわいいトップハム・ハット卿(ほぼ5m級巨人)とデュプロのトップハム・ハット卿(本人)、さらにジェームズ。

デュプロってレゴ以上にじつはなんでもありというのがよくわかると思います。
逆に言えばデュプロという厳密なしばりよりも、”ブロック玩具”というゆるい感覚で遊ぶと楽しいです。
このへんファビュランドにも通じるものがあるなと。

d20190817005.jpg
トーマスとその友達
ちゃんとトーマスの下にはターンテーブルパーツがあって転車台になっています。
ちょっとしたことですがこれだけでもそれっぽく見える、そして実際にはないものを想像して楽しむというのがブロック玩具らしい遊び方だなと改めて感じました。

d20190817007.jpg
農場の様子
ボブが農夫をやっているあたり、ボブフィグのポテンシャルの高さを感じます。
デュプロフィグは基本ボブでいいです(暴言)

d20190817008.jpg
踏切待ちをするマック
ざっくりした一体成形パーツが主のデュプロですが、そのざっくり感がかわいいという効果もあります。
カラフルな色はある意味、色を失った灰色基調のリアルなレゴブロックとは一線を画し、よりレゴらしく見え個人的はそうした往年のブロック玩具然としたところが好きです。

奥にはエース島に置いた京都タワー(レゴ作品)が見え、左奥にはデュプロフレンズホテルが見えるという景観もお気に入りの一枚です。

d20190817009.jpg
デュプロフレンズホテル
ちゃんとテラスもあり、入り口にはエメットとルーシーの姿も。

IMG_20190817_151036.jpg
なぜデュプロ”フレンズ”ホテルなのかは裏を見ていただければ一目瞭然。
一見フレンズフィグそのままですが、ちょっと大きいデュプロサイズ。
正解はフレンズフィグのキーホルダーライトのキーホルダーをとっぱらったやつ。
これがデュプロフレンズホテルにぴったりということで総支配人の薬師山さんが採用されたと。

フィグ単価が恐ろしく高いことをのぞけばちゃんと遊べるのがいいですね。

d20190817013.jpg
遊園地のアトラクション待ち
後ろにはボブとはたらくブーブーズエリアがあったり、嵐電が走っていたりと色とりどり。

d20190817010.jpg
プレイコーナーの様子
大人気を通り越してプレイマットの上でエースくんとか寝てました(笑)

d20190817015.jpg
genicちゃんによるツリーハウス
プレイコーナーにあったデュプロで製作。
レゴ作品のツリーハウスは製品も含め少なからずありますが、デュプロとなるとなかなか難しく一体成形パーツを幹にうまく活かして作った作品は他にないと思います。

d20190817016.jpg
ちなみに僕の作品としては”昭和の風景”。

d20190817001.jpg
そして顔ハメパネルです。

d20190817014.jpg
僕が昭和の風景を作っている間にあおつきさんは曲芸バイクを再現。
こちらはデュプロタワーとは違いしっかり接続されてます。

d20190817011.jpg
最後に大テーブル全景
意外と見所がたくさんあり、見ていて飽きません。
デパートのおもちゃ売り場のジオラマをさらに大きくしたようなイメージです。
高精細なレゴ作品になれた目で見ると「ふーん」くらいの感想かもしれませんが、逆にこれくらいのほうが子どもたちには作れそうって刺激を与えられるのでいい展示になったと思います。
実際来場者が少なかったこともあり大人も子どもも一緒くたになってプレイコーナーどころか展示会場で遊んでいられた一日でした。

展示会としてはどうなんだって感じですが、関西LT会としてはいろいろ検証できてとてもよかったです。
会場代はそこそこしますが駅近、テーブル数もあり、エアコンがちゃんときいて、庭も見える部屋で雰囲気もいい。
今回事前告知をほぼしていないので集客という意味ではまったくできていませんでしたが、ちゃんと告知すれば人も集まると思われ、今後また使いたいなと思いました。

また次の機会にはぜひみなさんお越しになってください!(笑)
ありがとうございました!

posted by かう゛ぇ at 11:10| 京都 ☁| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

現代の街、未来の街

IMG_20190526_100716.jpg
5月26日に令和初イベントとして「現代の街、未来の街づくり」のお手伝いをさせてもらいました。
子供会主催のイベントなのであえて詳細は書きませんが、子ども80名というすごいイベントで、そのくせ設営に1時間かかって2時間ほどで撤収というある意味贅沢なイベントでした。

IMG_20190526_100956.jpg
手前に現在の街を作り、奥に未来の街を作るようにスペースをあけてます。
当初エースくんファミリーだけでやるということでしたが、建物を持ってきてくれという依頼があってうちの京都駅周辺ジオラマを持ち込みました。
奥にあるのはエースくんパパ作の瓢箪山駅です。

IMG_20190526_095059.jpg
各テーブルにブロックをぶちまけ、16x16のプレートの上に家を建ててもらったものを置いていきます。
一応、家を作るということを目的としていますが、レゴですから結構みんな好き勝手作ってました。
4幅車をいっぱい並べていたせいか、車を作っている子も多かったです。
また未来の街になると今度は飛行機を作ってる子がいっぱいいて、車→現代、飛行機→未来という感覚なんだなと思いました。

town.jpg
できました。
個々は小さくつたない作品でもいっぱい並べるとちゃんとそれらしく見えるっていうのは数の力だなと。
ちょうど駅がランドマークになってそのまわりに街ができていく様子が実際の街作りともリンクしていて面白かったです。
みんな駅前の一等地狙いで早くできあがった子どもから順番に置いて行くのは本能的なものなのかもしれません。
posted by かう゛ぇ at 14:17| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。