2014年11月05日

立命祭 鉄道研究会展示レポート

01.jpg
ようやくレポートを書く気になったというのもどうかと思えど(^^;;
そんなわけでまずはドーム屋根の駅から。

03.jpg
エースくんのドクターイエローと0系が並ぶ。
ドクターイエローは子どもたちにもウケて、ご指名がよくかかっていた。
しかもエースくん自身がスタッフとして、ちゃちゃっと車両を出して「青の一番で!」とかリモコンが重ならないように声かけまでしていた。

04.jpg
taizoonさんのクラシック蒸気機関車と併走するドクターイエロー。
まるで「新幹線大爆破」の1シーンのようにブレーキが壊れた蒸気機関車を併走して修理するドクターイエローのようなイメージ。

05.jpg
これまたエースくん作の路線バス。
”宇治駅”の表示シールは画像自体は僕が作ったものをシールにして貼ってくれたとのこと。

06.jpg
後ろには”cow shop 丑や”の看板まで!!
はたして宣伝効果があったかどうかはわからないけど、このアイデアはナイス(^^

07.jpg
薬師山さんの車両そろい踏み。
キハ81は別に撮ったけど、ぶれてるのばっかりなので止めて撮影した一枚を掲載。
どれもちゃんと実車を模しているのにネタ車両としても大活躍ってあたりが◎。
とくに0系はアツアツでどのシーンにも登場するくらいの看板車両に。

08.jpg
エースくんパパ作の伊勢志摩ライナーも登場。

DSCF5254.jpg
エースくんの家族はみんなで参加してくれて、しかも楽しんでくれて、片付けまで手伝ってくれて、ほんとに助かりました。

DSCF5275.jpg
みんなが笑顔のトレイン会なんていうのはなかなかあるもんじゃなく、それだけみんなで楽しんでたっていうのはきっと来場者にも伝わったはず。

14.jpg
実際、会場を見渡してもとても活気があったし、鉄ヲタのみならず、

 「あ、これ、LEGOなんだー」

って喜んでくれてたのが印象的だった。

10.jpg
マツタケ所長の後を継ぐdyson氏の名鉄1600系も疾走。
みんなの出番があるっていうのも今回のイベントのいいところ。

16.jpg
こちらもdyson氏の2000系ミュースカイとマツタケ所長の京成スカイライナーが併走。

15.jpg
taizoonさんの7727と貨車群。
どれも個人的にびびびって感じで(^^

17.jpg
しまかぜ、近鉄8400系、伊勢志摩ライナーがドーム駅に並んでいたり。

09.jpg
エースくんの8400系はこの日のために作ってきたという力作。
来場する子ども達より、スタッフからウケが良かったという逸品。

13.jpg
ドクターイエローはやっぱり子ども達が大喜び。

12.jpg
森本くんのカマに引かれて、ジョンさんが大喜びの図(^^;
これ公開していいのかな、と思いつつw

とまあ、ざっとこんな感じで、

rits02.jpg

最後片付けも終わって、さぁ、出ようと思ったら花火があるとかで出られず、結局花火まで見てしまいました。
これがまた近くでどどーんって感じで学園祭ってこんなに豪華だったっけ?と思わせるところで締めくくり。

その後、京都まで戻っていつものロイホ反省会。
来年はもうちょっと建物増やしたいなぁ、と個人的に。
でも今回は腰痛で持って行くのも少しだけ、片付けもままならずという状況だったので健康状態も整えていけたらと(^^;;
posted by かう゛ぇ at 10:59| 京都 ☀| Comment(0) | レゴ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: